今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

カベルタ成分の動脈硬化への効果?

バイアグラジェネリックならカベルタ

カベルタ成分の動脈硬化への効果?

EDの治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタは、近年の研究でEDへの改善だけではなく、糖尿病が引き起こす脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な疾患の原因である動脈硬化の予防効果もあるのではないかといわれるようになってきました。

EDは、勃起不全や中折れなどの症状を示す男性特有の疾患で、この状態が3か月以上継続した状態で、50歳以上に多いという印象がある疾患ですが、20~30歳代でも発症する可能性があります。

バイアグラは、世界で初めて勃起不全や中折れなどのEDに対する治療薬として1998年に初めて製造販売された医薬品です。

カベルタは、バイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルで違う製造方法で製造されたジェネリック医薬品です。

また、EDの原因には心因性と器質性があり、糖尿病患者はEDになりやすいとされ、糖尿病患者の3割はEDであることを自覚しているといわれています。

バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタの有効成分であるシルデナフィルは、心因性のEDにも器質性のEDにも効果があるとされ、糖尿病性のEDにも有効性が確認されています。

バイアグラやカベルタの有効成分であるシルデナフィルは、服用すると血管を拡張させて血流を増加させて血行が良くなります。

その結果、血管の状態が改善させるために血管が硬くなる動脈硬化に対しても有効であるとされています。

ただし、動脈硬化の予防する目的でカベルタを服用しても予防の意味はありません。

動脈硬化の予防は、血圧や血糖値、血中脂質などを正常に保つ事が基本です。

動脈硬化は血管の老化現象の1つで、一般的に勃起には陰茎への血流を増加させる必要があるので動脈硬化は勃起不全や中折れなどのEDの症状を悪化させてしまいます。

血流が悪化すると、勃起力にも悪影響を与えて更なるEDの悪化を招いてしまいます。

血管は年齢と共に老化し、血管が本来持つ弾力性が失われる事で硬化を起こし、血管内に様々な物質が沈着してしまい、血管の幅が狭まり、血流が悪化するので、勃起力が低下します。

また、動脈硬化は沈着した物質によって脳の血管が詰まると脳梗塞を起こす場合もあり、命の危険がある怖い疾患の1つです。