今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

カベルタの副作用は?

バイアグラジェネリックならカベルタ

カベルタの副作用は?

バイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタなので、副作用がほとんど同じです。

ただ、製造法が違うためにバイアグラとは副作用が違う事もあります。

一般的にカベルタの副作用として知られるものには、顔の火照り、鼻詰まり、頭痛、動悸、視覚異常があります。

これ以外にも、発疹などのアレルギー症状、眩暈、消化不良が報告されています、さらに、興奮、不眠、下痢などの副作用もあります。

これらの副作用は一時的な副作用で、カベルタの効果が切れると副作用も自然と消失していくので、気にする必要はありません。

バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタで発現した副作用の中で、後遺症的な報告はないので、安心して使用する事ができます。

ただし、気分が悪くなった時は重篤な副作用の前兆の場合があるので、服用後気分がすぐれない場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。

また、カベルタを服用した場合には、副作用の中に視覚異常があるのでしばらくの間は車の運転など目を使う作業は避けるようにします。

視覚異常は、物が重なって見える複視が起こるので、最悪の場合事故を起こす可能性もあるので視覚異常が出ないことを確認してから車の運転などはするようにします。

副作用が気になる場合には、服用量を減らせば副作用は軽減する事も出来ます。

カベルタには、主成分であるシルデナフィルの含有量が違う100㎎と50㎎とがあり、日本人にとって100㎎は含有量が多すぎるとされ、含有量が多いと効果が発現しすぎたり、副作用が強く発現したりとあまりいい影響があるとは言えません。

なので、含有量が少ない50㎎に切り替えたり、それでも多い場合には半錠や1/4錠にしたりして服用するようにします。

また、日本人には一般的に25㎎~50㎎が適量とされていますので、初めてカベルタを使用する際には50㎎から使用して効果や副作用の強さを確認して、自分にとって効果が強すぎるのであれば服用量を減らし、効果に満足しない場合には増やしていき、自分にとっての適量を把握してから使用するようにしましょう。