今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

カベルタの服用法は?

バイアグラジェネリックならカベルタ

カベルタの服用法は?

バイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタを服用する際には、1日1回1錠を限度として服用するようにします。

1日1錠以上を服用したり、1回1錠以上を服用すると、効果が発現しすぎたり、副作用が強く発現したりと決して利用者にとってプラスではない状態になる可能性があるので、1日1回1錠という限度を守るようにしましょう。

また、1度カベルタを服用してから次にカベルタを服用するまで最低でも24時間開けるようにします。

1度カベルタを服用して効果が切れたとしても24時間未満で服用すると、強い副作用が出る可能性があって危険なので、最低でも24時間を空けるようにしましょう。

カベルタでは効果時間が足りない場合には、レビトラや最長で36時間効果が持続するシアリスを利用するようにします。

ただ、カベルタの効果の持続時間は、6~8時間なので性交ができないわけではありません。

カベルタは、服用後30~1時間ほどで効果が発現し始めるので、性交の1時間前に服用すれば、性交をする時には十分効果が発現します。

ただ、カベルタなどのジェネリック医薬品を含めたEDの治療薬には催淫効果がないために、服用したからといってすぐに勃起状態になるわけではなく、最終的に性的興奮を感じなければ勃起状態にはなりません。

カベルタは、食事やアルコールの影響を受けやすいので服用する際には食事の30分前か食後2時間経過した後に服用するようにしましょう。

カベルタの主成分であるシルデナフィルは食事の際に胃や腸にできる油の膜を通過する事が出来ないので、油の膜がある間に服用しても効果が減弱したり、効果が発現したりしない場合があります。

油の膜は時間経過とともになくなりますが、油分が多い中華料理や焼き肉などの食事は他の食事よりも油の膜が長く付着し続けるので、油分が多い食事はカベルタを服用する前には食べないようにします。

カベルタを服用する最適のタイミングは、空腹時がベストとされています。

空腹時に服用した方が、より効果が発現しやすく、より早く発現するといわれています。

カベルタの服用の注意は?

EDの治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタを服用する際には、1日1回1錠を限度として服用するようにします。

限度を超える量を超えて服用すると、効果が出過ぎたり、強い副作用が発現したりする可能性があるので、適量を守って服用するようにします。

また、1度服用してから次に服用するまでには最低でも24時間は空けるようにします。

カベルタの主成分であるシルデナフィルは食事やアルコールの影響を受けやすいという特性があります。

食事をすると、胃や腸に油の膜ができます。

この油の膜は、時間経過とともに消失しますが、油分が多い中華料理や焼き肉などの食事をした場合にはさらに長時間できたままになります。

カベルタの主成分であるシルデナフィルはこの油の膜を通過しにくいために、油の膜が消失していないときにカベルタを服用しても効果が減弱したり、効果が発現しなかったり、副作用が強く発現したりする可能性があります。

なので、カベルタを服用する際には、食事の30分前か食後2時間経過してから服用するようにします。

また、カベルタの効果をより発現させるには空腹時に服用するのがベストといわれます。

更に、空腹時に服用した方が、より迅速に効果が発現するといわれます。

カベルタは服用後30~1時間ほどで体に吸収されるので、それ以降であればどんな食事をしても効果に問題はありません。

カベルタには併用禁忌の医薬品が存在します。特に、併用禁忌薬はニトログリセリン系である硝酸剤です。

ニトログリセリン系である硝酸剤は血圧を下げる効果があります。

カベルタは血管を拡張して、陰茎への血流を増加させる作用があり、ニトログリセリン系である硝酸剤と同じように血圧を下げる作用があり、併用すると血圧が急激かつ大幅に下がる為に危険で、最悪の場合は死亡する事もありますのでニトログリセリン系である硝酸剤を使用している場合にはカベルタを使用しないようにします。

また、アンカロン剤、アミオダロン塩酸塩錠も併用禁忌となっています。