今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

カベルタの効果・効能は?

バイアグラジェネリックならカベルタ

カベルタの効果効能は?

EDの治療薬のバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタは、PDE5阻害薬といわれます。

また、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタは、シアリスやレビトラと比較して勃起力が強いといわれています。

PDE5は、勃起状態を萎えさせる働きがあり、勃起状態にするためにはこのPDE5を阻害する必要があります。

また、カベルタの主成分であるシルデナフィルは血管を拡張させ、陰茎への血流を増加させる働きがあります。

勃起するためには海綿体平滑筋を弛緩させ、陰茎へ血流を増加させる必要があり、カベルタはそれを手助けする作用があります。

ただ、カベルタには催淫効果がないのでカベルタを服用しただけでは勃起状態にはなりません。

あくまでもカベルタは勃起状態を促進するためで、最終的に勃起するには性的興奮を感じなければ勃起しません。

個人差がありますが、カベルタの効果の持続時間は6~8時間ほど持続します。また、空腹時に服用した方がより効果が発現しやすいといわれます。

更に、シルデナフィルは食事やアルコールの影響を受けやすいので食事の30分前か食後2時間経過した後に服用するようにします。

食事をすると、どんな軽食でも胃や腸に油の膜がくっつきます。

この油の膜は数時間たてばなくなりますが、カベルタの有効成分であるシルデナフィルはこの油の膜を通過できません。

なので、油の膜がなくならないうちにカベルタを服用したら、効果が減弱したり、効果が発現しなかったりする可能性があるので、注意が必要です。

ただ、中華料理や焼き肉などの油分が多い食事の場合は、油の膜も長時間くっつくので、油分が多い食事の後に性交する場合には食事をする前にカベルタを服用するようにします。

カベルタは服用後30~1時間ほどで体内に有効成分が吸収されるので、それ以降であれば食事をしても効果に問題はありません。

有効成分は最低でも1時間ほどで吸収されるので、性交をする1時間前には服用するようにします。

カベルタの食事の影響は?

EDの治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタは、食事やアルコールの影響を受けやすいといわれます。

EDは、不十分な勃起状態や中折れなどが3か月ほど継続する状態で、満足のいく性交ができなくなる疾患で、20~30歳代でも発症する可能性があります。

EDの原因には心因性と器質性があり、カベルタはこの双方の原因に対して有効性が証明されています。

一般的に食事をすると、胃や腸に油の膜が付きます。

この油の膜は1~2時間ほどで時間経過によって消失しますが、中華料理や焼き肉などの油分が多い食事の場合は油の膜が消失するまでの時間がほかの食事よりも余計にかかります。

また、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタの主成分であるシルデナフィルはこの油の膜があると、吸収率が悪化するので効果が減弱したり、効果が発現したりしないこともあります。

なので、カベルタを服用する際には、食事の影響を受けやすいために食事の30分前か食後2時間経過したあとに服用するようにします。

また、カベルタの効果をより発現しようと思ったら、空腹時に服用した方がいいとされています。

さらに、中華料理や焼き肉などの食事をした場合には、いつもより若干多く服用すると効果がちゃんと発現するといわれています。

ただ、大量服用すると、副作用が強く出る可能性もあり、危険なのであくまで少量だけ多くして服用するようにします。

空腹時に服用した場合には、効果が発現しすぎたり、強い副作用が発現したりすることもあるので、そういった場合には服用する際には影響が少ない軽食程度の食事をしてから服用するといいといわれます。

カベルタの効果の持続時間は6~8時間なので、他のEDの治療薬よりも効果の持続時間が短く、食事の影響を受けやすいので服用するタイミングを気にする必要があります。

性交の1時間前に服用するのがベストといわれています。

カベルタは服用後30分~1時間ほどで体に吸収されるので、それ以降であればその後にどんな食事をしても効果に影響はありません。