今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

カベルタの食事とお酒の影響

バイアグラジェネリックならカベルタ

カベルタの食事の影響は?

EDの治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタは、食事やアルコールの影響を受けやすいといわれます。

EDは、不十分な勃起状態や中折れなどが3か月ほど継続する状態で、満足のいく性交ができなくなる疾患で、20~30歳代でも発症する可能性があります。

EDの原因には心因性と器質性があり、カベルタはこの双方の原因に対して有効性が証明されています。

一般的に食事をすると、胃や腸に油の膜が付きます。

この油の膜は1~2時間ほどで時間経過によって消失しますが、中華料理や焼き肉などの油分が多い食事の場合は油の膜が消失するまでの時間がほかの食事よりも余計にかかります。

また、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタの主成分であるシルデナフィルはこの油の膜があると、吸収率が悪化するので効果が減弱したり、効果が発現したりしないこともあります。

なので、カベルタを服用する際には、食事の影響を受けやすいために食事の30分前か食後2時間経過したあとに服用するようにします。

また、カベルタの効果をより発現しようと思ったら、空腹時に服用した方がいいとされています。

さらに、中華料理や焼き肉などの食事をした場合には、いつもより若干多く服用すると効果がちゃんと発現するといわれています。

ただ、大量服用すると、副作用が強く出る可能性もあり、危険なのであくまで少量だけ多くして服用するようにします。

空腹時に服用した場合には、効果が発現しすぎたり、強い副作用が発現したりすることもあるので、そういった場合には服用する際には影響が少ない軽食程度の食事をしてから服用するといいといわれます。

カベルタの効果の持続時間は6~8時間なので、他のEDの治療薬よりも効果の持続時間が短く、食事の影響を受けやすいので服用するタイミングを気にする必要があります。

性交の1時間前に服用するのがベストといわれています。

カベルタは服用後30分~1時間ほどで体に吸収されるので、それ以降であればその後にどんな食事をしても効果に影響はありません。

カベルタのお酒の影響は?

一般的に医薬品とアルコールの併用は避けるべきとされています。

医薬品に含まれている成分の中には、アルコールと併用する事によって医薬品の効果が増強されたり、効果が減弱されたり、副作用が発現してしまうといった医薬品として想定した以上の効果や副作用が発現したりします。

ただし、バイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタの有効成分であるシルデナフィルは、アルコールと併用したからといって想定以上の効果や副作用が発現するといった医学的な根拠は特に認められていません。

なので、カベルタとアルコールを併用しても医学的には問題がありません。

また、シルデナフィルとアルコールは相互作用があるわけではない為に、カベルタの想定される効果以上の効果が発現する事はありません。

EDの原因の中には精神的な不安からEDを発症してしまう場合があります。

アルコールにはリラックス効果があり、不安や興奮を収める効果があり、この効果はEDの改善にも性交にとってもプラスに働きます。

ただ、これは適量を飲酒した場合であり、適量以上を飲酒した場合は悪影響を与える可能性があります。

適量とはほろ酔い程度とされ、ほろ酔い程度は人によって変わってきますが、一般的にはビール大瓶で2~3本、日本酒で2~3合程度とされています。

カベルタとアルコールを併用する場合にはこの程度でセーブするようにします。

大量に飲酒すると、脳の働きを抑制され、勃起しにくくなります。

また、状況判断力が低下するのでカベルタを適量を超えて服用したりといったことが起こる可能性があるのでアルコールを大量に摂取する事はしないようにしましょう。

アルコールとシルデナフィルは、ともに血管を拡張して血流をよくする作用があります。

そのために、カベルタとアルコールを併用すると通常よりも早く酔いが回るので、アルコールに弱い人は併用しないほうがいいとされています。

また、カベルタとアルコールを併用した状態で性交を行うと、心臓に負担をかけてしまうのでカベルタとアルコールを併用した状態で性交はしないほうがいいとされています。