今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

カベルタとは?

バイアグラジェネリックならカベルタ

カベルタとは?

カベルタは、世界初のEDの治療薬として知られるバイアグラのジェネリック医薬品です。

EDは、十分な勃起状態にならなかったり、中折れをしたりといった状態が3か月以上続くことをいい、満足のいく性交ができない状態です。

EDは一般的には年齢を課させてから行くという印象がありますが、20~30歳代でもなる可能性があります。

EDの原因には心因性と器質性があり、バイアグラは心因性のEDにも器質性のEDにも効果が確認されています。

また、ジェネリック医薬品は特許期間が切れた先発薬を同じ成分で製造した医薬品で、別の商品名で販売される医薬品です。

先発薬があるので、新薬と比較すると安全性が担保されているといえます。

バイアグラは1998年に製造販売されている世界で初めてのEDの治療薬で、他のED治療薬よりも勃起力が優れているEDの治療薬です。

カベルタはバイアグラのジェネリック医薬品なので、効果や副作用、効果の持続時間までほとんどがバイアグラと同じです。

ただ、製造方法に違いがある為に若干違いがあります。

カベルタの主成分はバイアグラと同じシルデナフィルで、カベルタはシルデナフィルの含有量が50㎎と100㎎とがあります。

ただ、日本の場合は100㎎では多すぎるとされて、一般的には日本人の場合は25㎎~50mgが適量とされています。

カベルタは、インドに本社があるランバクシー・ラボラトリーズ社が製造販売しています。

ランバクシー・ラボラトリーズ社は、ジェネリック医薬品を販売する製薬会社の中では世界でトップ10に入るほどの製薬会社で、世界7課か国に工場を持ち、150か国以上の国々で販売しているインド最大手の製薬会社です。

カベルタを服用すると、血管を拡張して血行が良くなり、陰茎への血流が増加される事によって勃起状態を尊信し、勃起状態を維持します。

勃起するには、海綿体平滑筋を弛緩させて陰茎への血流を増加させる必要があります。

また、勃起状態を萎えさせる働きがある酵素であるPDE5を阻害する事によって勃起状態にしやすいくします。

カベルタは、バイアグラ同様に催淫効果があるわけではないので服用しても勃起しません。

勃起するためには性的興奮をしないと、勃起状態になりません。

カベルタは、有効時間は6~8時間ほど持続し、性交の1時間前に服用するようにします。

カベルタを服用する際には1日に1錠を限度として、1度服用してから次に服用するまでには24時間を空けるようにして服用するようにします。

更に、バイアグラ同様に食事の影響を受けやすいので、服用する際には食事の30分前か食後2時間経過後に服用するようにします。

また、カベルタはバイアグラのジェネリック医薬品なのでバイアグラの約3割程度の価格で購入する事ができますが、バイアグラのように病院で処方してもらったり、薬局などで購入したりする事はできません。

カベルタを購入するためには、個人輸入でしか購入する事ができません。

カベルタの成分は?

バイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタの主成分は、バイアグラと同じシルデナフィルです。

シルデナフィルはPDE5阻害薬といわれ、勃起状態の促進や勃起状態の維持をするという働きがあります。

PDE5は陰茎の周りにある酵素で、勃起状態を萎えさせる働きがある酵素でシルデナフィルはPDE5を阻害する作用があり、勃起状態を維持します。

また、勃起状態にするには海綿体の平滑筋を弛緩させ、陰茎への血流を増加させる必要がありますが、シルデナフィルは血管を拡張させ、血流を増加させる効果があるので勃起状態になりやすくします。

また、シルデナフィルは勃起不全などのEDの他にも、肺動脈性肺高血圧症の治療薬にも有効成分として使用されています。

もともとシルデナフィルは、1990年代前半には狭心症の治療薬として、研究や開発が行われていましたが、狭心症の治療薬としては有効性が認められませんでした。

ただ、治験者の中に陰茎の勃起を促進する作用が確認されて、世界初のEDの治療薬として研究が開始されて、1998年にアメリカでバイアグラとして販売が開始されました。

シルデナフィルは血管を拡張する作用がある為に血圧が下がります。

そのために、同じく血圧を下げる効果があるニトログリセリンなどの硝酸塩系の薬剤は併用禁忌とされています。

シルデナフィルと硝酸塩系の医薬品を併用すると、血圧が急激に、大幅に低下し、狭心などの症状が発現する場合があり、最悪の場合は死亡する事もあります。

シルデナフィルは食事やアルコールの影響を受けやすいとされるので、カベルタを服用する際には食事をする30分前か食後2時間時間を空けてから服用するようにします。

食事をすると、胃や腸に油の膜ができますが、この油の膜をカベルタの主成分であるシルデナフィルは通過する事ができない為に効果が減弱したり、効果が発現しなかったりすることがあります。

ただ、シルデナフィルは吸収速度が速いので、食事の30分前に服用すれば十分体内に吸収されます。

その後であれば、どんな食事をしても効果や効果の持続時間に問題はありません。

カベルタと先発薬バイアグラの違いは?

カベルタは、シルデナフィルを主成分とするEDの治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、同じ成分で別の製薬会社で製造されるので効果や副作用、効果の持続時間、効果が発現するまでの時間に大きな違いはありません。

バイアグラは、1998年に世界初のEDの治療薬として販売されたEDの治療薬の代表格として知られる医薬品です。

もともとは、狭心症の治療薬として研究開発が進められていましたが、狭心症の治療薬としては有効性が確認されませんでしたが、治験者の中で勃起状態になった者がいたことからEDの治療薬としての研究開発が進められました。

バイアグラは即効性に優れて、EDの治療薬の中で最も勃起力に優れているEDの治療薬で、バイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタもこの特徴を引き継いでいます。

EDは、心因性と器質性という原因から勃起しなくなったり、性交するのに十分な勃起状態にならなかったり、途中で萎える中折れの状態になったりといった状態になり、満足のいく性交ができなくなる疾患で年齢を重ねる事で発症が多くなるといわれていますが、20~30歳代でも発症する事がある男性特有の疾患です。

バイアグラとカベルタは製造方法が違います。

なので、効果や副作用、効果の持続時間、効果の発現までの時間が大きくは違いませんが、若干違います。

また、製薬会社も違います。

バイアグラは世界で最も大きな製薬会社といわれるアメリカのファイザー社ですが、カベルタはインド最大手の製薬会社であるのランバクシー・ラボラトリーズ社です。

インドは特許に関連する法律が日本や欧米とは違うために、特許期間中であってもジェネリック医薬品がインド国内で販売されます。

バイアグラとカベルタの最大の違いは、販売価格です。

バイアグラが1錠で約2700円するのに対してカベルタは1錠で約430円で、1/6~1/7の価格で販売されていて、利用者にとってはありがたい価格となっています。

ただ、カベルタは日本では認可を受けていない為に病院で処方されたり、薬局などで購入したりはできずに、個人輸入という方法しか手に入れる方法がありません。

カベルタの製薬会社は?

EDの治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタは、インドのハリヤーナー州に本社があるランバクシー・ラボラトリーズ社が製造販売しています。

バイアグラは、1998年に世界初の勃起不全などのEDに対する治療薬として世界最大手の製薬会社であるファイザー製薬会社から販売されました。

バイアグラやカベルタの有効成分であるシルデナフィルは体内に吸収されると、血管を拡張して陰茎への血流を増加させる作用があり、勃起状態を促進したり、維持したりします。

また、バイアグラやカベルタは他のEDの治療薬と比べて勃起力が強いという特徴があります。

ランバクシー・ラボラトリーズ社は、ジェネリック医薬品を製造販売する製薬会社で世界トップ10に入るほどの大きな製薬会社で、インドの最大手の製薬会社です。

ランバクシー・ラボラトリーズ社は世界7か国に製造工場を持ち、150か国以上で販売されています。

ランバクシー・ラボラトリーズ社は1961年に設立され、1973年には株式が公開されました。また、従業員が約14000人いる大きな製薬会社です。

風邪薬、抗生物質、胃腸薬、抗アレルギー薬、神経失調症、心疾患薬、糖尿病薬などの製造を行っています。

アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、アイルランド、オランダ、インド、中国、ブラジル、南アフリカ、日本などに支社があります。

2008年、日本最大手の製薬会社である第一三共株式会社にランバクシー・ラボラトリーズ社は買収されました。

第一三共株式会社は、新興国やジェネリック医薬品の市場への足掛かりを狙っていたといわれます。

ただ、工場における衛生管理問題や従業員による試験結果改竄が発覚などで、幾つかの工場が対米禁輸措置を受けました。

2014年、同じインドの製薬会社であるサン・ファーマ社と合併を行い、現在、ランバクシー・ラボラトリーズ社はサン・ファーマ社の子会社となっています。

第一三共株式会社は、サン・ファーマ社の株式を約9%を取得しています。