今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

カマグラゴールドの食事・お酒の影響

カマグラゴールドの食事の影響

EDの治療薬であるカマグラゴールドを服用する前に食事をする事は避けるべきといわれます。

カマグラを服用前に食事をすると、有効成分の吸収が十分にはできずに勃起状態や勃起の持続時間というカマグラの効果に悪影響が出るといわれています。

基本的にカマグラゴールドは腸で吸収されますが、食事をすると腸壁にべっとりと脂の膜が張り付いていて、カマグラの有効成分はこれを通過する事ができません。

通過できない有効成分は、便として体の外に排泄されてしまいます。そうすると、カマグラゴールドを服用した意味がなくなり、効果が薄れたり、効果が現れなかったりする場合があります。

どうしても食事をしなくてはいけない場合は、和食などの油分は少ない食事を腹6~7文目までとして、カマグラゴールドを服用するまで最低2時間は空けるようにします。

また、カマグラゴールドを服用した後30分ほど経過すれば、食事をしても効果に問題はないとされています。

フランス料理や中華料理、焼き肉、ステーキなどの油分が多い食餌を食べると、油膜が7~8時間は取れないので、2時間空けてもカマグラの有効成分の吸収が不十分になる可能性があるので、カマグラゴールドを服用する前には食事をしないようにします。

カマグラゴールドの錠剤タイプではなく、ゼリータイプや発泡剤タイプのものは食後や食餌中に服用しても影響を受けづらいといわれているので、どうしても食事をしてからしか服用できない場合はゼリータイプや発泡剤タイプを服用するようにします。

カマグラゴールドのお酒の影響

EDの治療薬であるカマグラゴールドを服用する際には飲酒をしないのがベストといわれます。但し、適量であれば問題ないとされています。

飲酒を大量に行うと、神経が鈍くなり、興奮状態が弱まります。更に、カマグラの効果も弱まるので服用する際には飲酒は避けた方が無難です。

カマグラゴールドを服用しない場合でも、飲酒後に性交を行うと勃起をしなかったり、中折れをしたりといった事があります。但し、カマグラの服用と飲酒を一緒にする事は禁止をされていません。

人によっては体質でカマグラゴールドの効果が薄れる事がある可能性があるという事です。また、適量の飲酒であれば、気持ちをリラックスさせ、緊張をほぐす効果があるので適量であればむしろ良い影響があるともいわれます。

飲酒をすると血管拡張作用を増強し、血圧の低下をわずかに増強する傾向がある為に勃起力が衰えてしまうといわれています。

また、アルコールは中枢神経を抑制するので性的な興奮や勃起中枢が抑制され、勃起機能が妨げられるといわれます。カマグラゴールドの効果の1つに血液の流れを良くするという効果があります。

この効果の為に飲酒をした後にカマグラゴールドを服用すると、血行が良くなるのでアルコールの回りが早くなる場合もあります。アルコールの回りが早くなると、勃起をしなかったりするので性交自体ができない場合もあります。