今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

メガリスとシアリスの違い

メガリスとシアリスの違いは?

メガリスは、シアリスのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、特許期間が過ぎた医薬品を別の製薬会社が同じ製造方法と同じ成分で違う商品名で販売している医薬品です。

もともとある医薬品を製造するので、研究・開発をする必要はないのでもともとの医薬品よりも安価で販売される医薬品です。

なので、メガリスとシアリスの主成分は同じタダラフィルで、同じ効果が発現し、効果の持続時間も同じくらいあります。また、服用の仕方や副作用に関してもほとんど同じです。

メガリスもシアリスも陰茎への血流をよくして勃起力を向上し、中折れを防ぎ、勃起状態を持続する効果があり、勃起不全などのEDに対する治療薬として使用されます。

また、メガリスとシアリスの主成分であるタダラフィルは、肺動脈性肺高血圧症と前立腺肥大症に対する治療薬の主成分としても使用されます。

メガリスシアリスの最大の違いは価格にあります。シアリスが1錠で1700~1800円ほどかかりますが、メガリスは1錠で約350円ほどなのでかなり安価になります。

また、人によっては勃起状態にも違いがあるとされるので両方服用して自分の体質に合ったものを選ぶようにしましょう。シアリスは2007年に厚生労働省に認可された医薬品なので、病院でも処方されています。

ただし、メガリスは日本薬剤師会で成分分析されているので安全性は確保されていますが、厚生労働省に認可されていないので日本では病院で処方されていないので個人輸入で購入するしか入手方法はありません。

メガリスの製薬会社

EDの治療薬であるメガリスを製造販売している製薬会社は、インドのムンバイにあるMacleods Pharmaceuticals社です。

メガリスは、2003年にアメリカで製造販売され始めたイーライリリー株式会社で販売されているEDの治療薬のシアリスのジェネリック医薬品で、2007年には日本で販売を開始したEDの治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。

Macleods Pharmaceuticals社は人類に高品質の医療を提供するという理念で1986年に設立され、現在まで製造が難しいとされる医薬品であっても率先して研究に取り組んできた製薬会社です。

過去5年間で目覚ましい発展を遂げた製薬会社で国際的に知名度が高い製薬会社に成長した会社です。

Macleods Pharmaceuticals社は、各国の規制当局の基準を満たす施設と設備で研究開発を進めていて、長期治療又は短期治療のための医薬品を製造していて、世界でも屈指の先駆者となりました。

また、Macleods Pharmaceuticals社は心血管、糖尿病、整形外科、婦人科、呼吸器腫瘍学のような分野に絞って医薬品の研究開発をしています。

Macleods Pharmaceuticals社が販売している医薬品はメガリスの他にも、抗マラリアや抗ヒスタミンがあり、シルデナフィルやタダラフィルなどのEDの治療薬を製造しています。

Macleods Pharmaceuticals社があるインドでは、日本や欧米とは違い医薬品の成分特許が認められていないためにインドでは他の国よりも先にジェネリック医薬品を製造する事ができます。

なので、メガリス以外にもバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラを製造している製薬会社もインドにあります。

また、個人輸入しか入手方法がないので偽物が流通したり、服用する事が危険なものまでがあるので輸入する場合はしっかりと製造元を確認して購入する必要があります。