今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

メガリスの副作用

メガリスの副作用

EDの治療薬であるシアリスのジェネリック医薬品であるメガリスは、医薬品なので他の医薬品同様に副作用が出ることを避けることはできません。

ただ、同じED治療薬であるバイアグラやカマグラに比べるとメガリスは、副作用は弱いといわれます。

また、メガリスは効果がゆっくりと現れますので、副作用もマイルドに出現するといわれるのでバイアグラやカマグラよりもメガリスは安心性が高いといわれます。

メガリスの副作用としては、顔のほてり・鼻づまり・頭痛・筋肉痛や腰痛・視覚異常が知られています。この副作用の中で最も出現する確率が高いものは顔のほてりで、最も出現しにくいものは筋肉痛や腰痛です。

但し、副作用はメガリスの効果が切れると自然と副作用も消失しますので、副作用が出てもよっぽど強い副作用が出ない限り問題はありません。

メガリスの副作用の出現率は約30%といわれます、ちなみにバイアグラの副作用の出現率は約90%なので、メガリスはバイアグラの1/3ほどの出現率なのでメガリスは副作用が出にくいタイプのEDの治療薬といえます。

メガリスもバイアグラやカマグラも同じように勃起状態を萎えさせる作用があるPDE5を阻害する事で勃起状態にしますが、バイアグラやカマグラはPDE5以外の酵素も阻害される事が原因で副作用が出現します。

但し、メガリスはPDE5以外の酵素を阻害する働きがほとんどないために副作用が弱かったり、出にくかったりします。

PDE6という酵素が阻害される事で視覚異常を起こしますが、メガリスはこの酵素を阻害する効果がほとんどないために視覚異常が出現するのは極めてまれといわれます。

また、PDE1が阻害される事で頭痛を引き起こしますが、メガリスはPDE1の阻害効果が少ないために頭痛も出にくいといわれます。