今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

メガリスの効果・効能

メガリスの効果

メガリスの主成分であるタダラフィルには、ペニス周辺の血行を良くする効果があります。血行が良くなる事で、陰茎の海綿体の平滑筋の緊張が緩和して勃起を容易に行えるようになります。

勃起は血液の流れで起こる為に、血流が良くなる事で硬い勃起になります。勃起する際には、陰茎の海綿体の平滑筋が弛緩する事で海綿体に血流が流れ込む事で勃起します。

勃起状態を萎えさせる際に作用する酵素PDE5の活性が妨げられる事でペニスへの血液量が増加して、勃起状態になり、勃起状態の維持が行われます。

勃起する際には脳から神経を介して一酸化窒素が放出されます。血管を拡張されるcGMPが局所の細胞内に増加され、勃起します。

萎える際には、勃起する時とは逆に海綿体の血管を縮小させる必要があります。なので、勃起状態を萎えさせる作用がある物質であるPDE5が放出されてcGMPが破壊され、勃起状態が萎えます。

また、PDE5はストレスや加齢によって過剰に働いてしまい、勃起がうまくできにくくなります。メガリスはじわじわと時間をかけて長時間にわたり、一般的には36時間の長時間効果が持続します。

メガリスを服用後、約30~60分ほどで効果が現れ始めます。また、メガリスは服用したとしても性的興奮を促すわけではないので、勃起する為にはメガリスを服用する以外にも性的興奮が必要です。

メガリスは効き目が長い

EDの治療薬として使用されるメガリスの最大の特徴は、効果の持続時間が非常に長いことです。

メガリスの効果時間は人によって変わりますが、効果の持続時間は約36時間、1日半ほどあります。これは、同じEDの治療薬であるバイアグラやカマグラが効果の持続時間は約4時間なので、約9倍とかなり長い時間持続します。

長い時間持続するために、週末1度服用すれば週末の間ずっと効果がある事からウィークエンド・ピルとも呼ばれます。

バイアグラやカマグラの場合は、週末の間に2~3錠を服用しなければいけませんが、メガリスは1錠服用すれば十分なので、何回も服用する必要はないので楽ですね。また、効果時間が長いので長時間の性交をすることができます。

メガリスは効果がすぐに現れるバイアグラやカマグラとは違い、長時間効果が持続するために服用後すぐに効果が現れるわけではなく、徐々に効果が現れますので、服用後すぐに効果が現れてほしい人には向きませんが、数日間にわたって効果が持続してほしい人や何度も服用するのが面倒な人には向いているED治療薬です。

また、効果時間が長いという事で服用するタイミングや性交をする時間を気にしないで済むので気楽に服用することができます。

更に、副作用もある事はありますが、バイアグラやカマグラと比較すると副作用は弱いといわれるので、安心して服用することができます。

メガリスを服用するタイミングは性交の3時間前がベストといわれますが、性交の30分~1時間前でも問題ありません。

バイアグラやカマグラは食事やアルコールの影響を受けるので、服用する際には食事の前に服用するなど注意をしなければいけませんが、メガリスは食事やアルコールの影響を受けにくいので食後でも食事中でも服用することができるのがメガリスの特徴の1つです。