今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

メガリス成分の前立腺肥大症への効果

メガリス成分の前立腺肥大症への効果

EDの治療薬であるシアリスのジェネリック医薬品であるメガリスの主成分はタダラフィルですが、このタダラフィルはEDの治療薬としてだけでなく、前立腺肥大症にも効果があるとされ、前立腺肥大症の治療薬として使用されます。

また、この際の商品名はザルティアと呼ばれます。前立腺は、精液を分泌する役割を担う男性生殖器の一部です。

前立腺は膀胱の出口付近に尿道を取り巻くように存在するクルミ大の臓器で、男性特有のものです。また、前立腺肥大症は前立腺の内側が肥大するのが前立腺肥大症です。

前立腺は年齢に伴い肥大するので、前立腺が肥大する事がすべて疾患につながるわけではなく、誰でも前立腺が肥大します。年齢に伴い、前立腺は肥大するので一般的に多くなり始めるのは50歳代からといわれます。

30~40歳代ではあまり認められないといわれる疾患です。また、前立腺肥大症は、男性ホルモンと加齢が関係していることは考えられていますが、現在でも明確な原因は不明な疾患です。

肥大した前立腺によって前立腺の周囲にある尿道が圧迫を受けて、排尿困難や頻尿などの症状を引き起こすようになるのが前立腺肥大症です。

尿の切れが悪くなったり、排尿の回数が多くなったりした場合で50歳を超えている男性はこの疾患を疑った方がいいですね。

前立腺肥大症の改善するためには、前立腺の筋肉の緊張をほぐすことが必要で、緊張がほぐれることで尿道が圧迫されたことで悪くなった尿の通りが改善されます。

タダラフィルを服用すると、前立腺の筋肉を弛緩させる物質であるcGMPを破壊するPDE5という酵素を阻害する事で前立腺の筋肉の弛緩させやすくします。

タダラフィルのこの作用は、EDの治療として陰茎への血流をよくすることで勃起状態をしやすくします。2つの違う疾患の共通する特徴からEDの治療薬を前立腺肥大症の治療薬として応用したのがザルティアです。