今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

メガリスと食事・お酒の影響

メガリスの食事の影響

EDの治療薬シアリスのジェネリック医薬品であるメガリスは、バイアグラやカマグラほど食事の影響受けないので、食後直ぐに服用してもそれほど影響がないとされています。

メガリスの有効成分であるタダラフィルは食事の影響を受けないとされます。ただし、完全に食事の影響がないわけではなく、空腹時に服用した方がより効果が発現するといわれるのでバイアグラやカマグラと同じように空腹時に服用するようにします。

また、食事の影響を受けないとされるメガリスを服用する際には、食事のカロリーが800kalという制限がありますので、食事をする際には軽食で済ますか食べないようにします。

食事によって影響を受ける理由は、食事によりメガリスの有効成分が体内への吸収が邪魔されることで、メガリスの効果が減弱するためといわれます。 食事をすると、胃や腸に油の膜が付着することで有効成分の吸収が邪魔されるからです。

特にステーキや焼き肉など油分が多い食事の場合は、吸収が非常に悪いといわれますので、メガリスを服用する前には油分が多い食事はしないようにします。

有効成分が吸収された後であれば、どんな食事をしても問題ありません。なので、食事の1~2時間前にメガリスを服用すれば、有効成分が十分吸収されます。

食後に服用する場合は、メガリスの効果を最大限発揮するためには食後4時間開けてから服用するのがベストですが、油分が多い食事の場合は油の膜がなかなか取れないためにさらに時間を空ける必要があります。

ただ、メガリスは服用してから効果が発現するまで時間がかかるので性交の直前に服用しても効果が発現はしませんが、メガリスは効果の持続時間が36時間とバイアグラやカマグラとは違い非常に長いのでわざわざ性交をする時間から逆算して服用する必要はありません。

メガリスのお酒の影響

EDの治療薬であるメガリスの有効成分であるタダラフィルは、アルコールの影響を受けないので、飲酒をしてもメガリスの効果が失われるわけではないのでメガリスを服用して飲酒をしても問題ありません。

飲酒をすると、体中の毛細血管が拡張することによって顔が赤くなりますが、この作用はEDにとってもプラスの方向に作用します。

勃起する際には、陰茎への血流をよくする必要があるので適度の飲酒は勃起をしやすくなります。

また、飲酒をすると気分が開放的になり、社交性も高まるのでEDの中でも心因性のEDには特にプラスになります。

こういった事からメガリスを服用している時に飲酒をするのは相乗効果が期待できますが、相乗効果が期待できるのはほろ酔い状態の場合で深酒をするのは良いとは限りません。

深酒は心臓や脳の血管に過大な負担をかけるので、この状態で勃起するのは危険です。また、内臓の疲労を蓄積させたりすることでEDになる要因の1つと考えられていますので、深酒はしないようにしましょう。

メガリスを服用する時は深酒をせずに、ほろ酔い程度にセーブするようにします。また、深酒をすると、神経伝達が悪くなるために、性的刺激に対する角が鈍くなり、勃起力が極端に低下する場合もあるので注意しましょう。

更に、深酒をして泥酔した状態になると判断力が低下するために、この状態でメガリスを服用すると大量に服用してしまう場合もあるので、服用する際にはしっかりと意識がある場合のみに服用するようにします。

メガリスは医薬品なので、適量以上の量を服用すると体に悪影響が出る可能性があります。

ほろ酔い程度は、ビールの大瓶で1~2本程度、日本酒で1~2合程度です。メガリスを服用する際には、いつもこれ以上の飲酒をする人はこの程度でセーブするようにします。