今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)は悩まないで!

AGAとは「男性脱毛症 Androgenetic Alopecia」の略で、成人した男性に多くみられる頭髪が薄くなってしまう状態のことです。

思春期以降の男性において、額の生え際や頭頂部の抜け毛や薄毛が進行していく脱毛症で、男性ホルモンの影響によるとされています。20代以降の成人男性の約3人に1人は、AGAに悩んでいると言われています。

AGA(男性型脱毛症)は進行性であり、放置すると頭髪の数は減り続けてしまいますので、早めのケアが大切なのです。

薄毛になっていても、うぶ毛は残っているケースが多く、毛包が生きていれば髪の毛が太く育つ可能性はあります。特に若年性AGAの場合は、決して諦めてしまう必要は無いのです。

AGAの発症年齢は20代から50代まで幅広く、遺伝的要素も大きく、個人差の大きな頭髪脱毛の症状です。さまざまな要因から髪のヘアサイクル(毛周期)が短くなってしまうことで、抜け毛となります。

髪の毛が、強く太く長く育つ前に、短いサイクルで抜け落ちてしまうことで、結果的に薄くなっていくのです。

日本全国で約1300万人とされているAGA(男性型脱毛症)は、日本人独特の気質や生活環境が大きな影響を与えていると言われています。統計では世界各国と比較して、日本には薄毛人口が多いというデータもあります。

働き蜂が当然のようなお国柄からの「不規則な食生活」「多大なストレス」「睡眠時間の少なさ」「運動不足」などが、髪のヘアサイクルに関わる要因とされています。

原因と症状

AGAは、前頭部、額などの髪の生え際の後退やM字状に脱毛したり、頭頂部のボリュームが無くなる症状が典型的です。

脱毛、抜け毛により頭髪本数が減るとともに、頭髪の1本1本が細くなってきて、頭皮か透けて見えやすくなったりもします。

毛包や毛根の数が変化するわけでは無いのですが、昔はひとつの毛根から3本の髪の毛が生えていたのが、1本になってくると本数は減りますし、密度が低くなりますね。

AGAの原因として、遺伝要素は多々ありますが、薄毛現象が遺伝するというのではなく、ホルモンの代謝バランス、男性ホルモンの分泌の傾向などが遺伝する可能性が高いということです。

例えば、がんに発症しやすい遺伝子を持つ家系もありますが、子供たちや子孫のすべてがガン発症するわけではありませんよね。必ずしも発症するとは限らないが、発症しやすい、発症リスクが高いと考えれば良いでしょう。

AGAは進行性なので、マイナス因子に注意して生活改善したり、早め早めにケアしておくことによって、進行を食い止めることができたり、改善することも可能ということです。

男性型脱毛症AGAの原因は、主に男性ホルモン「テストステロン」から5α-還元酵素という酵素により変換された「ジヒドロテストステロン(DHT)」とされています。

「ジヒドロテストステロン(DHT)」は発毛サイクル、ヘアサイクルにかなり大きな悪影響を与える物質とされています。

AGAの脱毛部には、DHTが高濃度で存在しており、ヘアサイクルを短くする原因物質であると考えられています。

男性ホルモンが強い人はAGAになりやすいという説は、この男性ホルモン「テストステロン」→「ジヒドロテストステロン(DHT)」分泌によるのですね。

頭皮の血行が悪いと、頭髪へも悪影響があります。髪の毛は毛根から血液を通じて栄養分や酸素を吸収して成長する、タンパク質です。

ビタミン類や栄養素が不足すると、毛根自体が弱ってしまったり、髪を生成する栄養を確保できなくなり、髪の毛が成長できずヘアサイクルが短くなります。

偏食などの栄養の偏りも問題ですし、不規則な食生活や、生活サイクルの乱れ、運動不足、睡眠不足、喫煙など不健康な生活習慣などで、頭皮の血行が悪く血流が落ちていると、髪の毛まで栄養が行き届かないということです。

糖尿病や高血圧、動脈硬化などにより毛細血管の柔軟性が無くなると、血行が悪くなり血流低下して、頭皮も固くなってしまいます。

頭皮に皮脂が過剰分泌されていると、毛根が詰まったり、頭皮がかぶれたり、最近による炎症などのトラブルがあるケースもあり、AGAにも影響を与えます。

頭皮のマッサージやヘッドスパで、頭皮の血流アップさせたり、毛根をスッキリ清浄化させることも大切なケアです。シリコン製のシャンプーブラシ、マッサージブラシなどを毎日使用することは、頭皮を健康に保つにはかなり有効です。

AGAが進行し悪化してからよりも、早めに発生する前からのシャンプー時の習慣にすると良いでしょう。

通常のヘアサイクル(毛周期)として生え変わるのは3〜5年です。

AGAは再生して成長してくる髪の毛よりも、抜け落ちる髪の毛の方が多い、再生が追い付かないという状態で、年齢とともに細胞のすべての代謝は低下するもので、白髪が増えると同様に、ある程度は髪が減ってくるのは自然とも言われています。

ただ、若年性でのAGAも増えつつあり、早めのAGA対策が必要とされています。

改善方法

AGA対策としては、早めのケア、頭髪だけでなく身体含めてのトータルなケアを心がけることが大切です。

AGAの原因には、複数の因子が関係しているとされています。

  • 遺伝的な要因
  • ストレス
  • 食事や生活習慣
  • 睡眠不足、眼精疲労
  • 喫煙習慣、過度の飲酒

遺伝的なマイナス要因は排除できませんが、その他のマイナス因子は自覚的に改善していくことが可能です。

AGAは進行性のある症状なので、遺伝だから仕方ないと諦めてしまわず、早期の段階から意識的にケアしていけば食い止めることはできます。更に、AGA症状を改善していくことも可能な時代なのです。

強いストレスを受け続けると、自律神経のバランスが崩れてしまい、ホルモン分泌のバランスも崩れがちですし、血流が悪化し毛乳頭まで栄養が行き届かなくなってしまいます。

栄養バランスの悪い食生活や喫煙、睡眠不足などによって、身体の新陳代謝が低下して血流にもつながり、頭皮の状態を悪くします。
食生活の乱れによって消化不良や内蔵系の機能低下となると、更に頭髪の栄養不足をも招いてしまいます。

ヘッドスパ、頭皮マッサージやスカルプケアなどは、かなり有効です。頭皮の健康は頭髪との密接な関係があり、頭皮の弾力を保ち、健やかな頭皮環境を維持することは大切です。

潤いのある頭皮を保つことは、フケ痒みなどの頭皮トラブルも少なくなりますし、血行促進にも良いとされています。

食生活によって栄養不足を改善し、頭皮の血行促進、頭皮環境の改善を心がけていくことが重要なポイントとなるのです、

治療方法

AGA治療としては、男性ホルモンの影響を調整するAGA治療薬を使用するケースが増えています。

AGA(男性型脱毛症)の多くは、男性ホルモン「テストステロン」からの「DHT ジヒドロテストステロン」の過剰分泌と関係しています。

フィナステリドという物質は、この「テストステロン」→「DHT ジヒドロテストステロン」への変換をする酵素の働きを妨げる作用があります。

結果として、AGAの原因となっている「ジヒドロテストステロン」の生成を抑えることができるのです。

AGA治療薬には、抜け毛抑制作用のある「プロペシア」と、血管を拡張し血行促進する「ミノキシジル」は毛母細胞や毛乳頭細胞が活発になり発毛効果が期待できる薬剤があります。

プロペシア(フィナステリド)は抜け毛を抑制するのに対し、ミノキシジルは新しい毛髪をはやす発毛作用があります。この2つの成分は日本皮膚学会や米国FDAが推奨する育毛成分で、市販の育毛剤には含まれない医薬品の成分です。

副作用として、性欲低下・ED(勃起不全)・じんましん・倦怠感、頭皮の痒み、かぶれなどの皮膚炎を発症することもあります。症状によって、服用するタイプの経口内服薬と外用薬の併用をすることもあります。

AGAは進行型の脱毛症ですので、早めに治療すれば食い止めることが可能です。さまざまな専門的なアドバイスやケア方法がありますし、AGA対策も日々進化しています。

プロペシアのジェネリック薬

AGA治療のフィナステリド配合の育毛薬プロペシアは育毛外来では必ず処方されますが、値段が高く継続的な育毛には負担が大きいため、以下のような安価なジェネリック薬があります。

  • フィンペシア100錠(プロペシアは1箱28錠で、フィンペシアは100錠のため価格はプロペシアの数分の一)
  • フィンカー100錠(成分がプロペシアやフィンペシアの5倍で割って服用でき、さらに節約できる。)

ミノキシジルのジェネリック薬

ミノキシジルと言えば塗り薬のロゲイン5%、リアップ5%が有名ですが、1本あたり8000円ほどする高価な発毛薬です。育毛外来では必ずこのミノキシジル外用薬が処方されますが、これにも安価なジェネリックがあります。