今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|花粉症・アレルギー性鼻炎

花粉症とは

花粉症は、日本ではスギ花粉がメインの原因となって発症する、鼻炎や目のかゆみが代表的な症状のアレルギー疾患です。冬の終わりから春にかけて、スギの花粉が飛び交うシーズンが日本の「スギ花粉症シーズン」となっています。
一般的に2月頃から4月頃まで「スギ花粉」、その後は「ヒノキ花粉」と続く人も少なくありません。

他にも「イネ科の植物」「ブタクサ」「ヨモギ」「セイタカアワダチソウ」など、約50種類の植物に関して花粉症・花粉アレルギーがあります。

植物の微細な花粉が、鼻や目などの粘膜に接触すると、アレルギー反応が生じて、条件反射として「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの鼻症状と、目のかゆみ、涙などの目の症状があります。ダニやペット、カビ(真菌)などと相まって、シーズンだけでなく年中通してアレルギー症状が発生してしまうようなケースも少なくありません。

花粉症なのか、アレルギー性鼻炎なのか、混在してしまっているような場合も、多々あります。原因となるアレルゲンが特定できれば、除去して避けることが一番効果的な対症療法となります。

例えば、スギのない地域であれば、春にもスギ花粉症は発症しません。関東でスギ花粉が飛んでいるシーズンでも、雪深い地方では積雪のため花粉は飛んでいませんし、逆に雪国に春が訪れる時期には南の地方では花粉症シーズンは終了しています。

夏が猛暑の場合は、翌年のスギ花粉が大量に発生し、花粉症の症状もひどくなると言われています。アレルギー疾患なので、一度発症すると毎年のように発症し、春先には毎年スギ花粉に悩まされることになります。

今までは大丈夫だった人でも、ある年突然のような発症するケースもあり、年を取ってから発症することも多々あります。以前は、都会にだけ発生する病気のように言われていましたが、現代では日本国内であれば都会でも地方でも発症するようです。

本州、四国、九州では、スギとヒノキの花粉症で、大量に風に拭かれて数十キロも飛来してきます。沖縄はスギが少なく、北海道もスギは少ないのですが「シラカンバ」や「ハンノキ」など、他の原因植物の花粉症が多く発生しているとされてます。

日本で最初に花粉症として報告されたのは、戦後進駐軍が持ち込んだブタクサによるものでした。アメリカでは花粉症はブタクサが一般的ですし、ヨーロッパでは牧草のカモガヤ、日本ではスギということになります。

花粉症の原因と症状

花粉症はアレルギー疾患の一種なので、原因は「なんらかの花粉」がアレルゲンとなって発症します。日本で一番多い「スギ花粉症」の場合は、春先のスギ花粉のシーズンに多くの人が悩まされる症状で、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」という鼻の三大症状があります。

目に出現するのは「かゆみ」「なみだ目」「結膜の充血」などが目立つ症状です。頭がボーッとして思考力が落ちるとか、妙に身体がだるいとか、通常の身体機能のパフォーマンスが劣化するという自覚症状もあります。

食欲が無くなったり、胃のムカつき、頭痛や頭の重い感覚、倦怠感などの重症なケースもあり、花粉症の季節は仕事もできないと公言する人もいるくらいですね。

ギ花粉をアレルゲンとするスギ花粉症が、急に増えた理由としては、戦後全角各地でさかんにスギが植林されたためとされています。スギは植林後40年くらいで成木になって、花粉を飛散しはじめますが、これらのスギが成木になった時期からスギ花粉症の患者が急増しはじめました。

戦後、大量に植林されたスギのほとんどが樹齢40年~60年となっていて、活発に花粉を飛散させる時期なのです。日本の森林面積の18%、国土の12%をスギ林が占めているのもあり、国も広葉樹への植え替え対策を検討しはじてめいます。

温暖化の影響でスギの花粉も多い年が増え、アスファルトやコンクリートなどで土壌が覆われてしまったために、一度舞い降りた花粉が風邪でまた吹き上げられ飛散するという状態になっていることも関係しているでしょう。

レルギー反応とは、身体の免疫反応であり、身体に侵入しようとする異物や外敵(雑菌やウィルスなど)を排除しようとする働きです。スギ花粉をアレルゲンとするスギ花粉症の場合は、スギ花粉を異物(排除すべき対象)として認識し、鼻粘膜についたスギ花粉を鼻水で洗い流そうとたり、くしゃみで排出しようとしているのです。

つまり、悪いものを体内に入れないように頑張っている訳で、優秀な免疫機能とも言えるでしょう。この免疫機能が過剰に反応して、頑張りすぎるために起きるのがアレルギー反応です。過剰に反応する体質かどうかは、遺伝的な要因が大きいとされています。

アレルゲンとなりうる物質(花粉など)に反応するかどうかは人によって異なりますし、今まで反応しなかった人でも突然反応するようになったりもします。昨年までは平気だったのに、今年から花粉症になったという「花粉症デビュー」する人もいたりします。

以前は子供や若い人だけの病気と言われていましたが、年齢を重ねてからから花粉症デビューする高齢者もいるのです。人によって許容量が決まっていて、コップに少しずつ溜まっていく水があるとき溢れだしてしまうように発症するとされていて、このコップのサイズに個人差が大きいためとも言われています。

まだスギ花粉症でない人は、コップにスギ花粉がたまらないように、シーズンにはスギ花粉を大量に取り込まないように予防しながら過ごすと、反応開始する時期が先延ばしできるのかもしれません。「くしゃみ」「鼻水」が代表的な症状ですが、一番最初に花粉症が発症したときは風邪と勘違いするケースもあります。

花粉症の場合は、連続したくしゃみであり、呼吸器官からの咳とは少し異なりますし、鼻水もサラサラの水が流れるような状態で止まらないというのも特徴的です。熱がでるようなら風邪ですし、目がかゆい場合は花粉症だとも言われています。

花粉症の改善法

花粉症の改善に効果があるとされる食物やサプリメントなどは、いろいろありますが効果は人それぞれです。自分のアレルゲンである花粉のシーズンには、できるだけアレルゲンにさらされないように、回避・除去を心がけることが大切になります。

体調が優れないときや、疲労がたまったりしているなどは、特に花粉症の症状も悪化してしまいますので、体調管理が一番重要になります。健康な身体状況であっても、花粉症ではパフォーマンスが落ちるものですから、体調不良のケースでは更にレベルが悪化すると考えられます。

できるだけ、花粉症シーズンには健康を保てるように、いつも以上に生活習慣や体調管理に注意する必要があるでしょう。

粘膜を保護するためには、雑菌による炎症や乾燥などで粘膜を傷めたりしないことが重要です。アルコールは粘膜を乾燥させますし、タバコは粘膜を傷めますので、止めた方が良いでしょう。

室内の乾燥を防ぐことも粘膜保湿には大切ですし、花粉が舞い上がることを防ぐ環境となりますので、加湿も大切になりますね。

  • 室内への花粉を持ち込むことを防ぐ対策

衣服の素材を花粉が付きにくいツルツル系のタイプを外側に着用し、外出先から帰宅したときには衣類や髪などに付着した花粉をはたいて落とす。室内の加湿も心がけてください。

  • 身体に花粉が入ることを防ぐ対策

外出時にはマスクやメガネ、帽子を着用して、花粉が粘膜に侵入しないように対策しましょう。マスクもウェットなシートなどを間に挟むことによって、花粉の侵入を有効に阻止することが可能になります。

通常のメガネでも効果はありますが、プロテクター付のメガネやゴーグルなどで完全に目の周囲を覆うこともかなり効果的にシャットアウトできます。

花粉症の治療方法

花粉症の治療には、抗ヒスタミン薬の服用による「薬物療法」「減感作療法」「手術療法」などがあります。毎年新しい治療法が発表されたりしていて、花粉症の治療は日々進化しています。

抗ヒスタミン薬を服用する場合は、花粉が飛び始める2週間くらい前から、できれば1月終わりくらいから服用することが、症状を緩和するには効果的とされています。副作用として眠気が増すケースが多いのが難点ですが、眠気の少ないタイプの薬剤も開発されています。

最近の抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用はかなり改善されており気になるような眠気は起きないとされています。有名な抗ヒスタミン薬には、ジルテックロラクリアザイザルアレグラエリアスなどがあります。