今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|気管支炎、ぜんそく全般

気管支炎とぜんそくの違い

気管支は鼻や口から続く気道が肺の手前で左右に枝分かれしている部分です。気管支炎には「急性気管支炎」と「慢性気管支炎」があり、それぞれ原因が違います。急性気管支炎が長びいて、あるいは悪化して慢性に移行するのではありません。

また、ぜんそくも慢性気管支炎とは原因が違うので「気管支ぜんそく」として区別されています。

<急性気管支炎>
風邪やインフルエンザが原因でのどが痛くなったり、咳が出たりするのは「急性上気道炎」と呼ばれます。これが肺炎球菌などの菌に二次感染して気管支にまで炎症が広がったのが急性気管支炎です。

抗ウィルス薬、抗生物質を服用して休養すると多くの場合短期間で回復し、慢性気管支炎に移行することはありません。ただしまれに重症化して肺炎になる場合があります。

<慢性気管支炎>
咳、タン、息切れなどの症状が長期間続く慢性気管支炎の原因の多くは喫煙です。喫煙によるこのような症状は、最近はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれることが多くなりました。

喫煙の他に硫黄酸化物や窒素酸化物などの大気汚染物質に長期間さらされることも慢性気管支炎の原因になります。

<気管支ぜんそく>
慢性的な気管支の炎症で、非常に苦しい発作があります。発作が起きると咳が連続し、気道が狭くなり呼吸が困難になります。ぜんそくの原因はよく分っていませんが、発作の誘因になるのは主にダニやハウスダストなどに対するアレルギーです。

アレルギー以外でもタバコの煙などが誘引物質になることもあります。アレルギー性のぜんそくでもアレルゲンを特定できないケースも少なくありません。また、ぜんそくというと子供の病気と言うイメージがありますが、近年は大人のぜんそくが増えています。

ぜんそくの治療は、アレルギーそのものを解消することは難しいので、できるだけ発作を起こさない病気のコントロールが主になります。

COPDとは

喫煙や大気汚染が原因の慢性気管支炎は、自覚症状としては咳やタンが主ですが、病気が進行するとしだいに息苦しさが強くなってきます。これは気管支の炎症による症状ではなく、喫煙が原因で生じた肺気腫という病気の症状です。

肺気腫は肺胞という細胞がこわれて肺の機能が低下する病気です。肺胞は空気中の酸素を血液に取り入れ、血液中の二酸化炭素を排出する場所ですが、いちど破壊されると修復できない器官なので、病状が進行すると息苦しさが増してやがて酸素吸入が必要になります。

咳やタンという気管支の炎症による症状よりは肺気腫の方が深刻なので、喫煙の健康への影響は、慢性気管支炎と肺気腫の両方を含むCOPD(慢性閉塞性肺疾患)のリスクとして説明されるようになりました。

タバコを吸っている人の約20%はCOPDを発症すると言われています。2005年のWHOの統計では、COPDで死亡した人の数は世界で約300万人で、死亡原因の第4位でした。同年に日本では約1万4000人がCOPDで亡くなっています。

※ちなみにヘビースモーカーで知られる「和田アキ子さん」もCOPDと診断されて禁煙に踏み切りました。

COPDの症状と治療法

COPDの初期症状は、風邪をひいているわけでもないのに咳やタンが出る、階段の上り下りで息切れがする、ということです。病気が進むとしだいに息切れや息苦しさがひどくなります。スパイロメーターという器械で呼吸機能を検査すると、肺活量と空気を吐き出す力が弱くなっているのが分ります。さらに重症化すると慢性呼吸不全になり、家でも常に酸素吸入が必要になります。

COPD治療の前提になるのが禁煙です。失われた肺胞の機能は治療によって回復することはできませんが、禁煙することで進行をとめることができます。その上で呼吸法の訓練などのリハビリを行ないます。

薬物療法としては、呼吸を楽にする気管支拡張薬やタンを取る薬を使用します。また、インフルエンザは気管の炎症を悪化させるので、シーズン前には必ず予防ワクチンを接写します。COPDの患者はインフルエンザワクチンと同時に肺炎球菌ワクチンも摂取するのがふつうです。感染症によって悪化が繰り返される場合にはぜんそくの治療と同じでステロイド薬を吸入することもあります。

ぜんそくの症状と発作のきっかけ

アレルギー性の病気が増えている現代はぜんそくの患者も増加しています。1960年代には大人も子供もぜんそくの患者は人口の1%くらいでしたが、2000年代に入ると子どもはアトピー性のぜんそくが非常に増えて6%台になり、おとなも3%台まで増加しています。

ぜんそくの発作は、咳と気道が狭くなることによる息苦しさやゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)などの症状がでます。のどの違和感や胸の痛みもぜんそくによくある症状です。

ぜんそくの発作は夜間または早朝に起きやすいのが特徴ですが、季節の変わり目や気温の高低差が激しいとき、身体が疲れているときにも起きやすくなります。その他にダニやハウスダストなどのアレルゲンやたばこの煙などの刺激物を吸い込んだときにも起きることがあります。

発作が起きると日頃からある慢性的な気管支の炎症は一気に悪化して、気道が狭くなり気管の筋肉がけいれんするので、非常に息苦しくなります。

このような発作は頻度が多いほど症状が重くなり、重症の発作では生命に関わることもあります。そこまでは行かなくても、発作が長時間続くと非常に体力を消耗します。また、度重なる発作によってQOL(生活の質)を大きく損なうことになります。

ぜんそくの治療

ぜんそくの治療でもっとも大切なことは、しばらく発作がないからといって自己判断で治療を中断しないことです。また、発作が出たときにだけ薬を吸入すればいいという考えも、しだいに発作の回数を増やす結果になりがちです。

ぜんそくの治療薬は①気管支の炎症を抑える抗炎症薬と②気管支を拡張する薬に大別されます。①は日頃から使用して発作を予防するお薬で、抗アレルギー剤や吸入ステロイド剤です。②は発作時に使用して呼吸を楽にするお薬で、テオフィリン製剤やβ2刺激剤が使用されます。
ぜんそくの長期管理薬として有名な「アドエア」は炎症をしずめる作用と気管支を広げる作用の両方があるので、治療や予防管理が楽になります。

日本アレルギー学会ではぜんそくの症状の重症度によってステップ1~4までの4段階に分けて、それに合わせた薬の選択と治療を行うようにガイドラインで示しています。

ぜんそくの予防と日常管理

① タバコはNG

ぜんそくの予防と日常管理で最大のNGは喫煙です。そんな人はいないだろうと思うかもしれませんが、ぜんそくになってもタバコを止められない人は案外多いのです。喫煙は気管支を炎症を悪化させるだけでなく、吸入ステロイド剤の効き目を悪くすことが分っています。

② ハウスダストを減らす

タバコは論外としても、アレルギー型のぜんそくではハウスダストやダニなどをできるだけ減らすために家庭環境を整える必要があります。ダニのすみかやほこりの原因になるカーペット、布張りのソファ、クッション、ぬいぐるみなど使わずに、すこし風情にはかけるかもしれませんが、ビニール製などのほこりのたまりにくい素材のものを使用しましょう。

もちろん家具の素材を変えるだけでなくこまめに掃除機をかけてほこりやダニを吸い取ることが大切です。

③ 体調管理

ぜんそくの人はまず風邪やインフルエンザにかからないことが大切です。過労や寝不足で体力を落とさないように注意するとともに、うがいや手洗いなど風邪の予防手段といわれるものはていねいに実行するようにしましょう。インフルエンザのシーズン前には予防ワクチンの接種を忘れずに受けておきましょう。