今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|ED(勃起不全)

ED(勃起不全)は悩まないで!

EDとは、男性の「性機能障害(Sexual Dysfunction)SD」の一種である「勃起不全(ぼっきふぜん) Erectile Dysfunction」を指します。

性交時に十分な勃起が得られず、あるいは維持できず、満足な性行為が得られない症状で、少なくとも3ヵ月以上持続していることとされています。

勃起機能障害、勃起障害、勃起不全として、病名は「ED」と称しています。性的な刺激が神経的に伝達されないとか、血液が十分に流れ込まないため十分な勃起が得られない状態を指します。

勃起困難、硬度不足だけでなく、いわゆる「中折れ」もEDとされています。

EDに悩む男性の数は増加の傾向にあり、年々増えていると言われています。少なくとも1300万人以上の男性がEDに悩んでいると言われますが、実際は勃起力の低下は仕方ないとあきらめている男性が多いのも現実です。

加齢に伴うED(器質性)は50代以上に多く見られますが、心因性のED(機能性)は20〜30代の若年層にも増えてきています。若い男性がEDになる原因はストレス、不安、緊張、うつ病など心因性EDと言われます。

セックスで失敗した、恥ずかしい経験をした、経験不足で勃起するか不安だ、などは全て不安が不安を呼び勃起できなくなるのは自然です。

1998年の調査では男性の4人に1人とされていたEDですが、2000年の調査では、3人に1人がEDの自覚症状があると回答したという報告があります。

性的な刺激を受けた場合に脳による興奮が神経を伝達して陰茎に伝わり、陰茎海綿体の動脈拡張により血液が大量に集まり大きく膨らむ現象が「勃起」です。

そのメカニズムにおいて、脳から陰茎に指令を伝達する神経や血管などに問題があり、結果として海綿体に血液が十分に送り込まれない状態となることが「勃起不全」ED症状につながります。

若年層にEDが増加しているのは、毎日の生活パターンが原因になっていたり、心因性の精神的ストレス等が神経伝達に強く影響しているとも言われています。

若年性EDの場合、血管や身体にEDの原因となる症状が無い場合がほとんどのため、ED治療薬で何度か勃起の成功例を作ってあげることで、自然に精神的な重荷が取れて若年性EDは改善します。

原因と症状

ED(勃起不全)は、性交時に陰茎海綿体の血管が拡張し、血液が流れ込んで集まってくる機能に問題がでる症状です。原因は、神経伝達か血流のいずれかに原因があり、トラブルが発生していると考えられます。

正常な勃起は、性的な刺激を受けると脳から神経を通じて陰茎へ指令が伝達され、スポンジ状態の陰茎海綿体の毛細血管が拡張し、血液が大量に流れ込むことにって充満します。

この伝達する神経にトラブルが起きていたりすると、脳からの指令が届かないということになります。あるいは、血管の拡張の方の問題で十分な量の血液が流れ込まない場合などは、硬度が十分で無かったり、正常な勃起にいたらないという状態になりED状態となるのです。

毛細血管は非常に細くデリケートなので、些細な問題でトラブルとなってしまうのですね。

加齢によりEDになる確率は高くなりますが、年齢のせいだけでなく、さまざまなストレスや、不規則な食事、アルコールの飲み過ぎ、運動不足、喫煙などの日々の生活習慣の積み重ねが原因となっているケースも少なくありません。

身体の血の巡りの問題や、不健康などで、勃起時の血流増加を妨げるというパターンもあります。

男性の場合は、女性の閉経に伴う更年期障害のように明確ではありませんが、男性更年期に関しても最近は注目されています。中高年になると徐々に男性ホルモン(テストステロン)はが減少し、性欲減退やEDなどに至るケースもあります。

男性の場合は激減するわけではありませんし、個人差も大きいので一概に言えない部分も多々ありますが、男性ホルモン(テストステロン)は20代をピークとして減少することは間違いなく、加齢によるED傾向の原因となります。

心因性EDの場合、ストレスや過去トラウマなどによって自律神経の働きが狂ってしまいがちとなります。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、勃起するには副交感神経(意思とは無関係な身体的機能を司る)が優位に働く必要があります。

副交感神経が「視覚」「聴覚」「臭覚」「味覚」「触覚」などの性的な刺激を感知し、脳から勃起のための中枢神経へ伝達することで勃起に至りますが、この副交感神経がうまく作動しなくなったりすることがあるのです。

副交感神経は心身がリラックスしているときに働く神経なので、ストレスが強い状態だと優位に働かないのです。

EDの原因として多い病気は「糖尿病」「高血圧」「心臓病」「高脂血症」などの生活習慣病です。

脳の病気として「脳出血」「脳腫瘍」「パーキンソン病」「アルツハイマー病」なども神経伝達のトラブルによりEDの原因になります。

前立腺肥大など泌尿器科系の病気でもEDとなることがあります。前立腺肥大症はハルナール(フロマックス)などの治療薬で治療します。

改善方法

EDの原因はさまざまですが、改善するにはまず生活習慣病の原因を取り除くことです。

高血圧や糖尿病、高脂血症などの関連因子としての塩分や糖分過多、コレストロールの高い食生活は止めるなど、食生活の乱れは改善する必要があります。

運動不足の解消、喫煙習慣を止めるなども大切になります。少しずつ減少していく男性ホルモンの活性化には努めましょう

  • バランスの取れた十分な栄養をとる
  • 体脂肪を減らして筋肉をつける
  • 質の良い睡眠をとり、疲労をためないように
  • ストレスをためないこと
  • ネガティブ思考は止めて、常にポジティブに!

男性ホルモンを補うためには、サプリ等を使うことも悪くありませんが、まずは日常生活の習慣を見直してみてください。

精神的トラウマなどがEDの原因である場合は、カウンセリングなどで改善につながることもあります。深層心理に問題があるような場合には、精神科医の治療を受けることが有効なケースもあります。

治療方法

日本でも、保険診療外なので自費扱いですが、医療機関にてED治療薬「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の処方が可能です。一般的には泌尿器科や男性クリニックを受診することになります。

現在では、バイアグラ、レビトラ、シアリスのジェネリックED治療薬が開発され、個人輸入でも安価なジェネリック薬が購入できます。

血液や血管に作用させる薬剤なので、心臓などに病気がある場合で硝酸剤などを服用している場合は身体に負担となりますので禁忌とされています。

ED治療薬は、陰茎に対して勃起のために必要な血液量を確保させるための薬剤であり、催淫薬や精力剤ではありません。

性欲を増強させるような薬剤では無く、服用したからといって性欲が強くなるわけではありませんし、性的な刺激が無ければ無反応なままです。

勃起不全に最も効果が高く、すぐに効果が合われるED治療薬ですが、人によりEDの原因はさまざなので、治療法もいろいろ異なります。

ED治療薬には血管を拡張させることにより勃起を促すというタイプが多いため、心臓病などの投薬治療をしている場合は併用不可です。

血管関係の病気の既往歴がある場合などもリスクが高いとされていますし、いずれも命に関わるケースが少なくありません。

EDクリニックではニトログリセリン系のお薬の使用歴などが無ければ4,5分で簡単に処方してくれるのがバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬ですが、値段が高いため、近年では個人輸入で通販できるインド製のジェネリックED治療薬が一般化しています。

インドはジェネリック大国と呼ばれ、世界のジェネリック医薬品の大部分はインドの製薬会社が製造しており、実績や安全性の高いお薬です。

ED治療薬を服用できる年齢は?

10代から80代男性でも性欲があればEDを解消したいと思うのが自然です。ED治療薬に服用可能な年齢制限はありません。

10,20代の若年性EDであれば血管の老化ではなく精神的な要因で勃起できない状態のため、少量のED治療薬で性行為に臨めば問題なく硬い勃起が可能になり、セックスや勃起の不安が払拭されると自然にED症状は解消するのが普通です。

うつ病や不安障害の場合は常に自律神経の交感神経が活気だっており勃起の邪魔をしますので、その場合はうつ病などが完治するまではED治療薬のお世話になることも考えられます。

逆に高齢者の場合、セックス自体が体に負担になるので控えるように医師に言われている場合はED治療薬の有無に関係なく、セックスを控える必要がありますが、ED治療薬自体が心臓への負担になると言うのではなく、セックス自体が激しい運動になるからです。

70代、80代でもセックスができる体力と性欲がある男性はED治療薬を服用できますし、実際にジェネリックED治療薬などで生涯現役を楽しまれている男性は増えています。