今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは

「機能性ディスペプシア」とは、胃の辛い症状(胃痛や胃もたれ)が慢性的に続いているのに、検査では異常が見つからないという病気です。本人の辛いという訴えは確かにあるのですが、内視鏡検査などを実施しても、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんなどのような異常は発見できないということです。

つまり、生命にかかわる病気では無いということになるのですが、本人は本当に辛いので、生活の質を大きく低下させてしまう病気になります。

「機能性ディスペプシア」という概念は、ここ最近で確立された病気です。従来は、痛みがあるのに異常がないとして「慢性胃炎」「神経性胃炎」とされていたような症状です。

「胃炎」とは、本来は胃の粘膜に炎症が起きている状態を表す言葉なのですが、粘膜の炎症(胃炎)があっても痛みなどの症状があるとは限らないですし、逆に痛みがあっても粘膜には炎症は無いとケースも多々あります。

胃炎の状態と実際の胃痛などの症状とは、イコールでは無いということになります。実際に胃痛症状があったとしても、その原因として説明できる異常が検査では発見できないようなケースでは、炎症の有無に関わらず「機能性ディスペプシア」と呼ぶようになったのです。

「機能性ディスペプシア(FD :functional- dyspepsia)」の意味

≪機能性疾患とは≫

内視鏡などの検査では、症状の原因となる異常がみつからないにもかかわらず、臓器や器官などの働きが悪くなる病気のことです。
つまり明確な原因は不明だけど、調子が悪いというような状態で、何故だか機能が低下している病気という意味になります。

≪ディスペプシアとは≫

ディスペプシアとは消化不良を意味していて、「機能性ディスペプシア」におけるディスペプシアとは、胃や十二指腸に対しての痛みやもたれなど、さまざまな不調な症状を示しています。

「機能性ディスペプシア」を直訳すると、原因不明だけど、胃や十二兆などが消化不良のような不調になる病気 と言えるでしょう。

内視鏡で検査しても異常が見つからないのに、胃や腸に違和感や痛み症状があるのは、主に「ストレス」とされています。胃腸は、ストレスの影響最も受けやすいデリケートな臓器とされています。

心と身体の密接な関係を証明しているのが胃腸なので、「神経性」とされていたのでしょう。状態としては、旧来の「神経性胃炎」と呼ばれていた病気と同じと、イメージして良いのかもしれません。

≪胃の症状≫

辛いと感じるレベルの食後のもたれ感、満腹感では無く酷く辛いもたれ
食事を食べ始めるとすぐに食べ物で胃が一杯になるように感じて、それ以上食べられなくなる「早期飽満感」

≪みぞおちの感覚≫

  • みぞおちの痛み「心窩部痛(しんかぶつう)」
  • みぞおちの焼ける感じ「心窩部灼熱感;しんかぶしゃくねつかん)」

機能性ディスペプシアは、決して珍しい病気では無く、誰もが発症する可能性の高い病気です。日本人では、4人に1人は機能性ディスペプシアを持っているとされていて、精神的なストレスが強くて胃が痛いなどというのは、一般的なよく聞く話です。

30〜50代の比較的若い成人に多く、男性より女性、途上国より先進国に多い病気と言われているのは、ストレスが多いためかもしれません。毎日が日曜日の高齢者や、のんびり暮らせるようなのどかな国や地域では、比較的少ない病気ということになります。

機能性ディスペブシアの症状と原因

日本ではかなりメジャーな「旧・神経性胃炎」の「機能性ディスペブシア」は、胃もたれなどが週に数回あったり、みぞおちの症状や痛みが週に1回以上あれば、疑いがあるとされています。誰しも強いストレスや、慢性的なストレスにさらされていれば、誰でも起きうる病気です。

・心理的要因
胃は脳のコントロール(自律神経)で動いているので、心理的ストレスに対して影響を受けやすい臓器とされていて、胃痛・胸やけなどの症状があります。

・暴飲暴食やタバコ
食べ過ぎなどによって胃の運動機能が低下し、消化機能が低下、胃もたれなどの症状があらわれます。

・睡眠不足
不眠症や睡眠不足は自律神経のバランスを乱しますので、胃の動きがうまくコントロールできず、胃のむかつきなどの症状があらわれます。

・過労
精神的ストレスだけでなく肉体的なストレスも、影響します。自分ではふまり感じていなくても、疲労などは少しずつ溜まっていきますし、徐々に身体に無理がかかり、胃の働きが悪くなったり、胃の粘膜が荒れて胃痛などの症状も出現します。

機能性ディスペブシアは、原因不明とされていますが、ストレスの影響を強く受けていると言えるでしょう。ストレスにより、胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスが乱れることが、主な原因かもしれません。

自律神経の乱れによって

  • 過剰な胃酸の分泌から、胃の痛みや潰瘍へ進行
  • 胃の収縮によって、胃痛や痙攣が発生
  • 胃の運動機能低下、蠕動低下によって、消化不良や膨満感が起こる
  • 胃の知覚過敏に進行

さまざまな胃腸のトラブル症状が発生し、痛みもともなうために更にストレスとなって、悪化するという循環になります。

  • ムカムカ感、胸やけ、吐き気、
  • 胃やみぞおちの痛み・灼熱感
  • 食欲不振
  • 食後のもたれ、すぐ満腹になる
  • 胃酸が上がってくる

胃薬などの効果があまり感じられず、痛みで辛くて眠れないくらいに感じることも多々あります。

機能性ディスペブシアの改善方法

機能性ディスペブシアの改善には、生活習慣の見直しが大切です。

胃に炎症などの原因があるわけでは無いので、薬物による治療の効果が薄く、自律神経の乱れを整えるための日々の生活を改善することによって、胃腸の働きを整えることが重要になります。

≪十分な休養や睡眠≫

  • 胃の機能を整えるためには、過労やストレスを避けて、十分な睡眠が必要となります。
  • 緊張状態が続くと胃の運動を低下させてしまい、胃酸分泌を促進させてしまうことにもなります。
  • 身体を休めることは、胃を休めることにもつながります。

≪食生活の改善≫

  • 朝食は抜かないように、朝は胃が重く食べられない場合は、就寝前3時間は食事を摂らないで眠るようにしましょう。
  • 夕食が遅くなる場合は、おにぎりなどで軽く済ませるようにして、深夜の空腹時には豆乳やホットミルクなどに胃粘膜を保護するモノに少量の砂糖を加えて空腹感を無くして眠り、朝食をとりましょう。
  • 甘いモノ・油っこいモノ・刺激物は控えて、よくよく噛んで食べるように心がけてください。
  • タバコ・アルコール・コーヒー・チョコレートなどは、胃のぜん動を低下させるので止めた方が良いでしょう。

日本社会、日本人は周囲に気を使い、気配りを大切にしている社会ですが、そのために精神的なストレス過多となりがちです。大量のCMがTVで流れているように胃腸トラブルに悩む人々が多いのは、日本ならではとも言えるでしょう。

食生活や休養など生活習慣の改善とともに、自分の心のあり方を変えてみることも必要です。ストレス原因を取り除くのが一番ですが、容易ではないケースも多々ありますし、自らの気の持ちようとしてクヨクヨしないで、ストレス発散する方法を身につける事も改善のポイントになります。

機能性ディスペブシアの治療法

機能性ディスペブシアの治療としては、生活習慣の改善が一番ですが、対症療法としては、当面の辛い症状を和らげるために薬物治療も行われます。

タケプロン、パリエットなどプロトンポンプ阻害薬など胃酸の分泌を抑える制酸剤「胃酸分泌抑制剤」や「胃粘膜保護剤」、胃腸の運動機能を整える作用を持った薬「消化管機能改善薬」などが、併用されることが一般的です。

ストレスの影響が強く、精神的要因として不安・緊張状態の強いケースには、抗不安薬も使用されることもあります。「内科」「胃腸科」「消化器内科」などを受診してみると良いでしょう。

西洋医学的な薬物療法では、症状を一時的に抑えることは可能ですが、対症療法のため根本的な解決にはなりませんし、あまり改善効果が見られないことも多々あります。

ストレスが大きく関与しているケースでは、症状だけを抑えても頻繁に繰り返すことになり、結局は長期にわたって再発させることになってしまいます。

機能性ディスペブシアの胃腸の機能を整えるには、心身の状態を総合的にとらえて整える方向の考え方から、漢方治療がおすすめになります。