今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|逆流性食道炎(GERD)

逆流性食道炎とは

「逆流性食道炎(GERD」とは、胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や、胃液が食道に逆流してしまう病気です。

胃酸の逆流によって「胸やけ」や「呑酸(どんさん)」喉の奥に酸っぱい物が込み上げてくる独特の症状が引き起こされ、日常生活に支障をきたすことが多々あります。

胃液は強い酸性(酸性度の強い塩酸・胃酸を含む)なので、食道に逆流してしまうと、食道粘膜を刺激してただれてしまったり、潰瘍ができたりもします。

食道は、口から入れた食物を胃に送るための管で通常一方通行のため、逆流する場所では無いため、胃酸に対する防御機能がありません。胃の内容物や胃液が食道に逆流すると、食道の粘膜が酸に繰り返しさらされることによって、炎症を起こします。

「逆流性食道炎(GERD」は食道粘膜の炎症により、粘膜ただれや潰瘍が生じてしまったり、胸やけや呑酸などの不快な症状を引き起こすのです。

「逆流性食道炎(Gastroesophageal Reflux Disease:GERD)」は、高齢者に起こりやすい病気なのですが、最近は若い人にも増えてきています。

ゲップが出たり、朝の歯磨きでウッとなったり、喉に酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくるような症状は、年配の男性などによくみられる症状で、加齢の影響があるとされていました。

逆流性食道炎はもともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化などもあり、特に最近は若い患者も増えています。

逆流性食道炎の原因として、食道と胃のつなぎめにあたる「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」が胃液逆流を防ぐ力が緩むためとされています。

加齢などによって、株食道括約筋の筋力低下なども生じてしまいやすくなり、胃の内容物が食道に簡単に戻ってくるとされています。

食道は、食物を胃に送るための管で、通常は一方通行になっていて、下部食道括約筋が食物を飲みこんだときにだけ開いて、胃に送り込む動きをしています。

イメージとしては弁のようなモノで、この弁を開けたり閉めたりする事によって、食道への胃液や食べ物の逆流を防いでいるのです。

下部食道括約筋の機能低下には、「高齢化による筋力低下」と「食事の極端な欧米化」があります。

脂肪分の摂り過ぎによって、下部食道括約筋を動かす作用のあるホルモン「コレシストキニン」の分泌(十二指腸から分泌される)が少なくなってしまうので、何

食べていない時にも下部食道括約筋がゆるんでしまい、胃液が食道に逆流するともされています。そのために、最近では高脂肪食を頻繁に食べる機会の多い若年層にも、逆流性食道炎は広がっているのでしょう。

一番多い症状は「胸やけ」で、前胸部灼熱感という胸がチリチリ焼けるような症状と言われています。

  • 吐出 胃液や胃の内容物が、食道や喉、□の中へ逆流する感覚
  • 呑酸感 喉の奥や口が、すっぱく込み上げてくる感じ
  • 嗄声(しわがれ声) 喉の痛みや奥でつっかえる感

まれに、胸痛、喘患様などの症状がでるケースもあり、長い間原因不明な固な咳や胸痛で苦しんでいた人方が、逆流性食道炎の治療とともに嘘のように症状が改善されたということもあります。

逆流性食道炎の原因と症状

食道は、通常は一方通行のため、胃酸から食道の粘膜を守るようにはできていません。食道の粘膜は、胃壁と違って胃酸に弱いため、下部食道括約筋の機能が鈍くなると逆流した胃酸にさらされて炎症を起こします。

逆流性食道炎として、ただれた状態になったり、胸焼けがしたり、喉の奥や口の中に苦みや酸っぱさを感じたりするのです。

何かのトラブルによって胃液が食道に逆流してしまった場合は、食道は胃液に含まれる非常に強い酸(胃酸)によって、炎症を起こしてしまいますし、胃液に含まれている消化酵素によって、更に食道が傷つけられてしまいます。

逆流性食道炎の原因はひとつだけではなく、幾つかの原因が重なって引き起こされるケースが多いのです。

  • 胃液の逆流を防ぐ機能(下部食道括約筋)の低下
    食道と胃のつなぎ目の部分「下部食道括約筋」が胃の中のものが逆流しないように弁として働いていますが、加齢とともに筋力が弱くなったり、食道裂孔ヘルニアや胃の手術などで形態が変わることもあります。

    脂肪過多の食生活によって、「下部食道括約筋」を作用させるホルモンの分泌が、減少するとも言われています。
  • 食道や胃の蠕動(ぜんどう)運動の低下
    胃炎や胃漬瘍などによって、胃の働きが弱まって(消化不良)、食物が長時間とどまるようになると発生しやすくなります。

  • 大量の食物摂取や脂肪過多など
    食べ過ぎてしまったり、脂肪の多い食事をとると、胃の働きが悪くなってしまい(胃もたれ、消化不良)、胃と食道の問にある「噴門(ふんもん)」が開きやすくなってしまいます。飲みこんでいた空気が出ると「げっぷ」となり、胃液がでれば「逆流」になるのです。

  • 胃液の分泌過剰
    胃液の分泌が多いと、逆流が起こった場合に食道粘膜が傷つけられやすくなってしまいます。

  • 腹圧の上昇
    肥満の人や、お腹を締め付ける服装、重いものを持つことなどによって、胃が圧迫されてしまい胃液を逆流しやすくなります。

逆流性食道炎や胃炎、胃潰瘍のお薬>>

逆流性食道炎の改善方法

逆流性食道炎の症状は、日常生活の見直し改善をするだけでも、かなり緩和されるものです。消化の良いものを食べるように心がけ、過食をさける。食後はすぐに横になったりすると逆流しやすいので避けて、就寝時には頭を高くする姿勢をとりましょう。

  • 腹圧を上げない
    前屈みの姿勢や排便時の力み、ベルトや帯でお腹を締め付ける服装、重い物を持つなどは避けて下さい。

  • 食事などの見直し
    脂肪の多い食物や甘いもの、柑橘類、コーヒー・紅茶、香辛料、アルコール類、タバコなど、減らすようにしてください。
    食べ過ぎは、胃酸分泌を増やしたり、食物の停滞時間が長くなりますので、特に夕食は控えめに。

  • 姿勢に気をつける
    食後1~2時間は横にならないようにして、夕食の量はは少な目で、就寝時は上体を少し高くして寝ると良いでしょう・
    寝る直前の食事は避けて、横向きの場合は右下で、うつぶせ寝はおすすめできません。

オリーブオイルは消化に負担が少ないため、下部食道括約筋をほとんどゆるめないとも言われています。便秘を改善する効果もあるので、逆流性食道炎にも良いと言われています。

分・脂質・刺激物・アルコール・カフェインの過剰摂取は止めて、禁煙し、野菜中心の胃に優しい食事を心がけることをおすすめします。

逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎の治療は、生活習慣の改善と薬物治療で症状を和らげる対症療法になります。治療薬としては「胃酸分泌抑制剤」「消化管運動機能改善剤」「制酸剤」「粘膜保護剤」などが、一般的です。

プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるタケプロンパリエットザンテックなど内服薬によって胃酸の分泌量を減少させたり、食道の運動機能を改善、胃酸を中和し、食道の粘膜を保護し修復したりして、逆流性食道炎を改善します。

薬物療法で効果が無い場合や、症状がかなりひどい場合などは、胸や腹部に開けた穴から内視鏡を挿入して手術をおこなう場合もあります。
緩くなった食道と胃の境目を締めるように縫い合わせ、物理的に胃酸が逆流しにくくする出術です。