今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|白内障

白内障とは

「白内障」は、目の中の水晶体(レンズの役割)が、主に加齢とともに濁ってしまう病気です。先天性・外傷性、アトピー、糖尿病性、薬剤の影響や放射線によ

白内障もありますが、7割が加齢によって発症するため「加齢性白内障・老人性白内障」とも呼ばれています。早ければ40代から発症するケースもあり、80歳以上になるとほとんどの人が白内障の状態にあるとされています。

連例を重ねるにつれて発症者が増えるため、一種の老化現象とも言える病気です。水晶体は、目の中でレンズのような働きをする組織で、カメラのピントを合わせるように、外からの光を集める透明な組織です。

白内障では、その透明な組織が白く濁った状態になってくるため、集めた光が眼底に正しく届かなくなってしまい、うまく像を映せなくなって見えづらくなってきます。

  • 視力が落ちて、見えづらくなる
  • 視界が、ぼんやりとかすんで見える
  • 光が眩しい
  • 周囲が暗いときは見えるが、明るいときは見えにくいなど、見え方が異なる

白内障は、基本的には失明してしまうような病気ではなく、症状が進行していても手遅れというケースはありません。ただ、一度白内障になると薬剤では治癒はしませんが、初期の段階であれば、薬剤で進行を抑制することができます

最終的には、外科的な手術で治療することになります。失明はしなくても、他の病気を併発することも多々ありますので、早めに眼科を受診して予防や進行抑制することが大切です。

白内障の原因と症状

加齢性白内障では、水晶体に含まれるタンパク質が白く濁ったり、硬くなったりするために混濁が始まります。一般的には白っぽいのですが、中には黄色や茶色に混濁してくるケースもあります。

個人差も大きいですが、40代くらいから徐々にはじまって、80代になるとほとんどの人が白内障であると言われています。

ただし、進行具合には個人差が大きいため、見えにくさなど日常生活に不自由を感じるかどうが? は、大きく異なり、不自由を感じないままの人もいます。

白内障の初期では、自覚症状はほとんどないため、疲れ目や視力低下くらいにしか思わない人が多いのです。

加齢による白内障の場合は、年齢的にも特に老眼などが進行したり、視力の変化がある年頃ですので、さほど気にしないケースが多いのでしょう。

  • 目がかすんで、視界がぼやけて、モヤがかかったような世界に見える
  • 二重三重にだぶって見えて、ピントが合わない
  • 明るい光を眩しく感じて、痛い

車の運転中に、視界がぼんやり霞んでいたり、対向車のライトを非常に眩しく感じてしまったり、トンネルから外へ出た瞬間に目が開けられないなど、非常に危険な状態に遭遇してしまうこともあります。

水晶体が白っぽく濁るということは、カメラでいうとレンズが曇ったり汚れている状態と同じで、光が焦点を結べなくなりピントがズレたり、ぼやけてクリアに写らなくなると同じです。

白内障では、視界が全体的にかすんでしまい、ぼやけていたり、眩しくかんじたりします。進行している状態では、瞳の中をのぞき込むと中心の黒目部分が白っぽく濁っていたりしますが、初期の状態では周辺に傷がついたりしているレベルなので、本人も気づきません。

加齢による白内障の場合は、水晶体の外側(皮質)から中心核に向かって、混濁が進行するので、視界も曽田川がぼやけているレベルでは、なかなか自覚することが無いのです。

視界が全体的に白っぽくなってきてから、初めておかしいと感じる人も少なくないのですが、初期段階で治療開始すれば、薬剤によって進行を襲えることも可能です。

アトピー性の白内障では、水晶体の中心部から混濁が現れたりすることも多いため、初期段階から違和感を感じたり、見えにくさがあるケースが多いようです。
アトピー性の白内障や糖尿病による白内障などは、年齢にはあまり関係なく、病気の進行によって30〜40歳代くらいからでも発症します。

妊娠中の母体の風疹感染によって、生まれつき白内障を発症しているようなケースや、ケガや薬の副作用などでも、白内障が引き起こされることもあります。

白内障の改善方法

白内障も、初期段階ならキャンCやシーナックなど点眼薬などで進行を抑制し、状態をキープすることができます。日常生活に支障がないレベルであれば、手術を急ぐ必要は無いため、点眼薬が有効です。

ただ、点眼薬で濁りを除去することはできないので、完治するわけではなく、進行を遅らせるだけとなります。

定期的な受診と検査により、進行抑制の点眼治療を基本とします。薬を使用していても、水晶体が透明に戻るわけでありません。

白内障の治療方法

白内障を治す治療としては、手術だけになります。

日本国内では、年間に140万件も実施されている、非常にポピュラーな手術で、大病院だけでなく、一般の眼科でも広く手術が受けられるようになってきました。
20年前くらいまでは入院が必要でしたが、現代ではほとんどが日帰りでの、白内障手術が一般的となっています。

白内障によって、視力低下が著しく、かすんだり、ぼやけ、まぶしさなどで、日常生活が不自由になった方が手術対象となりますが、他の目の病気(角膜疾患、眼底疾患、緑内障など)がある場合などは、手術適応にならない場合もあります。

白内障手術は、通常は局所麻酔によって実施され、特別な問題がなければ10~20分程度で終了し、痛みはありません。局所麻酔なので、手術中も意識はあり意思やスタッフの声も聞こえ会話もできます。

医師も患者を緊張させないように、声をかけながらリラックスさせるように心掛けつつ手術が行われるケースが多いようです。

濁ってしまった水晶体(レンズ部分)を超音波で粉砕して取り除き「超音波乳化吸引術」、代わりとして人工水晶体である「眼内レンズ」を挿入して交換する形になります。

つまり、「混濁して使い物にならなくなった水晶体」と「人工的な眼内レンズ」を取り換えてしまう手術です。眼内レンズが水晶体の代わりに、ピントを合わせる役目をになって、働くことになるのです。

特に違和感は無く、コンタクトレンズとは違って取り外したりもなく、一度挿入すれば半永久的に使用できるものです。

手術後は傷口の加減で、ほぼ一週間程度は違和感がありますが、慣れると視力も徐々に回復します。片方ずつの手術なので、日を改めて両目の手術を実施するのが通常です。

手術後は、視力が回復し、世界がクリアになったとして「早く手術すれば良かった」という高齢者も少なくありません。ただし、人工的な眼内レンズには、細かいピント調節機能は無いので、メガネなどで視力矯正をする必要があるケースもあります。