今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|ヘルペス(性器・口唇)

ヘルペスはお薬で治せます

ヘルペスとは、ヘルペスウィルスによる感染症で、水ぶくれのような皮膚症状が一般的です。「水ぼうそう(水痘)」や「帯状疱疹」が、ヘルペスとしては有名ですが、唇の周囲に水ぶくれのできる「口唇ヘルペス」、性器に缶ンする性感染症である「性器ヘルペス」などもあります。

ヘルペスウィルスは、一度感染すると体内の神経節に何年も隠れていて、免疫力が落ちたときに出現する潜伏型のウィルスです。

日本人では、子供の頃に感染したヘルペスウィルスに感染している人がほとんどで、病気などで体調が悪くなったり、加齢によって免疫力が低下したりしたときに、活動を再開し発症することになります。

  • 「水痘・帯状疱疹ウイルス」水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹
  • 「単純ヘルペスウイルス1型」口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、ヘルペス性角膜炎、カポジ水痘様発疹症、ヘルペス性脳炎
  • 「単純ヘルペスウイルス2型」性器ヘルペス、臀部ヘルペス、ヘルペス性髄膜炎

よく知られている口唇ヘルペスは、唇の周囲に、ムズムズ痒みと腫れ、プツプツと小さな水ぶくれができて痛痒くなって、熱をもったりします。水ぶくれが破れて拡大したり、飛び火のように広がったりもしますが、カサブタになって1〜2週間で治まります。

ただ、体調が崩れたり、免疫力が落ちると、再発を繰り返すことの多い病気です。風邪をひいたり体調不良になると、必ず発症するという人も多いのが、口唇ヘルペスの特徴です。

風邪で熱を出ると発症しやすいのもあり、「熱のはな」「風邪のはな」などと、呼ばれている症状が「口唇ヘルペス」です。

抗ヘルペスウィルス剤の軟膏などもありますので、ムズムズしてきた場合は、すぐに対処するという人も少なくありません。何度も再発を繰り返しているという人は、常備しておくことをおすすめします。

ヘルペスの原因と症状

ヘルペスは、ヘルペスウィルスによる感染症で、基本的には接触感染です。幼少期に、家族間での皮膚接触(頬ずりやキス)などで感染したり、同じ食器やタオルの共有なので感染したケースも少なくありません。

子供の頃に感染している場合は、抗体ができているのですが、大人になって初感染した場合などは重症化しやすいのも特徴です。

ヘルペスウイルスは、一度感染すると神経節に隠れて、遺伝子の中にもぐりこんでしまい、一生付き合うことになります。表面的な症状などは、抗ヘルペスウィルス薬で改善することができますが、ウィルスは再び潜伏して、次の機会を伺っています。

死滅させる薬剤等は今はありませんので、再発しないように免疫力が落ちないよう、体調に注意することが大切です。

帯状疱疹

腹部から背中にかけて、文字通り帯状に水ぶくれが発症する病気で、身体の片側にだけ出現するのが特徴です。非常に痛みを伴う症状もありますが、皮膚症状なのでピリピリした、チクチクした痛みです。

身体の見えやすい部位に現れれば分かりやすいのですが、自分では見えないような場所が痛んで、皮膚症状に気づかないで内科などを受診してしまうケースもあります。

背中にできた帯状疱疹の痛みを腰痛と勘違いしていたり、頭皮に発症した帯状疱疹が髪の毛で気づかず頭痛が酷いと訴えて受診したケースもあります。痛みの種類は、皮膚表面の傷みでチクチク、ピリピリというような身体の奥からでは無い、皮膚の痛みになります。

口唇ヘルペス

風邪などで体調を崩したときや、疲れがたまっているときなどに、唇の周辺できる腫れ症状で、「風邪のはな」「熱のはな」とも呼ばれます。予兆として、ムズムズと違和感を感じるというケースも多く、すぐに赤く腫れていきて、プツプツ湿疹となり、広がって水ぶくれになってきます。

水ぶくれの中には、ヘルペスウィルスが大量に含まれた体液があるので、水泡が破れて体液が別の部位に付着すると、ソコから飛び火のように拡大してしまいますので、水泡は破らないようにしてください。

性器ヘルペス(GH)

男女問わず、性器やお尻の周辺の皮膚に、赤いブツブツした痒みを伴う湿疹や水ぶくれができ、ただれてしまう性感染症(STD)です。初めての感染時は、激しい痛みと発熱があり重症化することが多々ありますが

キチンと治療しないままだと、良くなったようにみえても何度も再発を繰り返す病気です。皮膚がただれるため、性交時に痛みを伴いますし、排尿時にも痛みがでることもあります。性交渉により、パートナーにも何度も感染させてしまいます。

症状が軽度の場合や、自覚症状が少なくケースも多くあるので、知らないうちに感染を拡大させていることも多いとされています。再発を繰り返し、排尿障害にいたるケースも少なくありませんので、性病科を受診しても早めに治療することが必要です。

ヘルペスの改善方法

初期症状のうちに、キチンと薬物治療で重症化しないうに抑制することが大切です。発症した場合は、すぐに治療して放置しないことが一番の改善策となります。

再発を繰り返すことも多いので、体調を崩さないよう、免疫力の低下を防止すること、抵抗力をつけることが重要な再発防止策です。

  • 患部を清潔に保つ
  • 病気や体調不良を回復させる
  • ストレスや疲労はためない
  • 質の良い睡眠を十分にとる
  • バランスの良い健康的な食生活
  • 胃腸を整える

ヘルペス発症した場合は、医療機関への受診とともに、休養をしっかりとって、バランスのとれた食事で、体の抵抗力を取り戻すことが必要になります。

ヘルペスの治療方法

ヘルペスの治療は、バルトレックス(バラシクロビル)ゾビラックス(アシクロビル)など抗ウイルス薬による薬物療法が基本となります。抗ヘルペスウイルス薬には、外用薬クリーム(口唇ヘルペス)・内服薬・点滴注射の3種類があり、症状の程度などによって使い分けます。

  • 帯状疱疹 内服治療が一般的ですが、重症な場合は点滴治療も実施されます。
  • 口唇ヘルペス 外用薬(軟膏など)での治療で済むケースがほとんどですが、悪化したときは内服薬も処方されます。
  • 性器ヘルペス 外用だけでは、尿道などに潜伏したウィルスに効果が無いため、内服治療を実施します。

特に性器ヘルペスを放置しては性感染症を拡大させることになりますし、不妊症の原因になったり、母子感染で胎児に感染させることもあります。

男性は「泌尿器科」や「性病科」、女性は「婦人科」や「性病科」で、キチンと治療してください。パートナーも同時にキチンと治療しなければ、ピンポン感染を繰り返しますので、同時に治療するよう注意してください。