今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症は、自分の意思ではコントロールできない神経のバランスが崩れてしまい、さまざまな不調が生じる症状の総称です。

眠れない、なんとなくだるい、めまいがする、耳鳴り、冷え、手足のしびれ、胃腸の不良、動悸など、色々な身体の不調を感じたり、精神的にも滅入り気味になることもあります。検査などでは「どこも悪いところは無い」と言われることも多く、本人の不調と辛さだけが残ってしまったりもします。

「自律神経失調症(Dysautonomia)」は、交感神経と副交感神経という2つの神経系のバランスが崩れた場合に起こる症状で、「自律神経機能障害(autonomic dysfunction, autonomic neuropathy)」とも呼ばれています。

自律神経は、身体的な機能である心臓を動かしたり、暑くなれば汗をかいたりという、自分ではコントロールできないような、生命維持のために自動的に働く神経のことです。

自律神経には、興奮時や緊張時に優位に立つ「活動するための交感神経」と、安静時やリラックスしているときに作用する「休むための副交感神経」があり、必要に応じて切り替わり交代して作用することで、絶妙なバランスをとって働いています。

この微妙なバランスが乱れてしまうことにより、身体機能の自動的な働きがスムーズにコントロールできなくなって、さまざまな不具合が生じてしまうのです。

自覚症状として目立つのは、「眠れない」や「めまいがする」という、本人にも普段とは違う状態に気づきやすい症状ですが、よくよく考えるとアレもコレもと思い当る症状がでてくるケースも少なくありません。

人間の身体は、本当に絶妙なハランスの上に成り立っていて、ちょっとしたことで自律神経が狂ってしまい、便秘や下痢、肌荒れ、頻尿などの症状になっていたりもします。

幾つなの症状が複合的に重なり合っていて、本人が自覚していないような症状も隠されていたりする厄介なものです。身体的な症状だけでなく、精神的な症状などが出現するケースも多々あり、非常に不安定で特定しづらい病気とも言えるでしょう。

遺伝的な体質や性格的な傾向、ストレスなどの耐性(ストレスを感じる感受性レベル)などの関係もあり、症状も出現の仕方もさまざまなので、心身両面からの対応が大切とされています。

つまり、同じ出来事を経験してもストレスとなる人と、ストレスとは感じない人が居るように、自律神経が乱れる人と乱れにくい人がいるのです。

些細なことで自律神経を乱してしまいやすい過敏に反応するタイプ人は、確かに存在します。自覚的に無理をせず、生活を整えたりすることも、予防のためには必要になるでしょう。

自律神経失調症の症状と原因

自律神経失調症の原因は、全身機関のコントロールをしている自律神経のバランスが崩れてしまうことです。

最近では、何らかの不調があり内科や整形外科などを受診して、どこにも異常が無く、原因が分からないような場合は「神経科」や「心療内科」を紹介してくれるケースも増えています。自律神経のバランスが崩れてしまうには、いろいろな原因が複雑に絡み合っていることも多々あります。

  • 生活のリズムの乱れ
  • 過度なストレスやプレッシャー
  • 環境の変化
  • ホルモンの影響、思春期や更年期など
  • ストレスに弱い体質、ストレスに弱い性格

「ストレスに弱い体質」という人も居て、同じことを経験しても気にになる人と平気な人が居るように、ストレス耐性の低い、過敏なタイプの人は居ます。幼い頃からデリケートで、すぐに吐いたり、下痢しやすかったり、自家中毒などと呼ばれているようなタイプで、環境が変化すると眠れないとかいうようなパターンも、該当します。

つまり、ちょっとしたことがキッカケとなって自律神経のバランスを崩してしまい、うまく身体がコントロールできなくなっていたための症状なのですね。

「ストレスに弱い性格」とは、ノーと言えないタイプ、自分の感情の処理が苦手で貯めこんでしまう傾向があり、発散したりできない。特に嫌な気持ちの切り替えができなく、ウジウジと延々悩んでしまったり、他人の評価を気にしすぎて臆病になるタイプ。

他人との信頼関係を結ぶのが苦手で、自分に自信が無く、他者への依存心が強いという性格傾向を持っています。ストレスを過度に増幅させていしまう性格傾向でもあり、交感神経から副交感神経への切り替えがスムーズに行われがリラックスできないために、精神的に疲弊してしまうことも少なくありません。

自分で自分を追い込んでしまうような部分のあるタイプとも言えるのかもしれません。

≪身体的な症状として≫

  • 不眠、慢性的な疲労、身体のだるさ、便秘や下痢、めまい、偏頭痛、耳鳴り、動悸、不整脈、ほてり、微熱、手足のしびれ、口や喉の違和感、頻尿、残尿感、冷え、食欲不振

「冷え性」も自律神経失調症と密接な関係にあります。身体が冷えると自立神経の働きは悪くなりますし、自律神経の乱れにより血流が悪化して冷えにもなるので、鶏と卵のような関係です。

胃腸の働きが悪くなって、消化不良となり食欲不振になったり、便秘や下痢などの腸トラブルにもなります。喉の違和感や「つかえ感」などは、自律神経の飲みこむ行為(嚥下)がスムーズにできなくなってたるための特徴的な症状です。

≪精神的な症状としては≫

  • ヤル気が出ない、イライラ感、妙な不安感、疎外感、気分の落ち込み、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、焦燥感などとともに、怒りっぽくなるなど

物忘れの悪化や、ミスの連発なども生じがちとなり、余計に平静でいられなくなるので自分の気持ちのコントロールも難しくなってきます。神経が狂ってしまうので、不眠がキッカケとなって昼夜逆転したりして、夜は目がさえて眠れないのに、昼間は睡魔に襲われることも少なくありません。

自律神経失調症の改善方法

自律神経のバランスを整えることが大切なので、規則正しい生活で、まずは生活リズムを整えることが重要です。不起訴な生活や暴飲暴食などは、自律神経にとっては負担になるばかりで、バランスを乱高下させてしまうだけなのです。

あまりに自分にとって強いストレスとなる原因があれば、除去することも時には必要でしょう。仕事の内容や職場の人間関係など、退職したり転職することで自律神経バランスがもどるケースなども多々あります。

身近に家族や身内などの場合、あまりに耐え難いときは物理的な距離をとるのも一つの手かもしれません。子供の数が減っていることもあり、親子の関係性が近すぎて過干渉になっていたり、依存傾向が強くなっているケースも少なくありません。

子供の精神的な自立を妨げているのに、自覚のない親も居ますし、依存し過ぎている子供も居たりいます。支え合うことと、頼りすぎることは違います。時には離れること、逃げることも、自分の心身を正常に保つためには、必要な措置である場合もあるのです。

自律神経失調症の治療法

症状やタイプなどにより、身体と心の両面に働きかける治療や生活環境を整える必要があります。自分の体質や性格傾向、ライフスタイルの歪みなどにも注目し、見直し改善する心構えも大切になります。

  • 薬物療法(自律神経失調製剤により、直接作用して、自律神経の安定をはかる薬)
  • 心理療法(カウンセリング、自立訓練法などのセルフコントロール)
  • 理学療法(指圧やマッサージ、整体、鍼灸、ストレッチなど、リラクゼーション促進)
  • 五感に働きかける治療法(音楽療法、アロマテラピーなど)

自律神経失調症を抑える食事として、ビタミンB群の補給を心がけることも必要とされています。ビタミンB群は神経の働きを正常に保つ働きがありますが、強いストレスが続いてしまうと急激に消費され不足しがちです。

ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンを分泌して全身の抵抗力を高めますが、副腎皮質ホルモン生成にビタミンCが欠かせないので、ビタミンCをたっぷり摂っておくことが、ストレス耐性を上げる対策にもなります。

ビタミンAやEも、自律神経のコントロールに有効ですし、カルシウムはイライラを鎮めて、不眠解消にも効果があるとされています。

薬物療法に使用される薬剤として「自律神経失調製剤」と、デパス、エチラームなど「精神安定剤(抗不安剤)」があります。「心療内科」や「神経科」などでは、抗不安薬やホルモン剤を組み合わせて用いることもあり、睡眠周期を整えることにも重きを置いています。

西洋医学では改善が認められない場合などは、鍼灸マッサージ、カウンセリングなどが有効な場合もあります。ただし、自律神経の不調は身体の歪みが原因と断言して、高額な施術を行うような怪しい治療院や、宗教まがいの自己啓発セミナーなどもありますので、十分な注意が必要です。

成長期、思春期などの一時的な症状の場合は、薬剤を使用せず生活コントロールなどで自然治癒させる場合も多いようです。自律訓練法などで、自ら心因的ストレスを発散・軽減させてコントロールし、自律神経バランスを整え症状を改善させる方法もあります。