今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|早漏症(PE)

早漏症(PE)は悩まないで!

男性の半数以上が早漏に悩む、または自身の持続時間に満足していないと言います。EDと共に多くの男性が悩みますが、改善できますので悩まずに以下をお読みください。

「早漏」は「射精」に関する障害で、文字通り極めて早く短い時間で射精してしまう現象であり、病気という位置づけではありません。身体的に早漏だからといってどこかが悪いとか、重大な疾患を抱えているというわけではありません。


本人の精神的なダメージや悩みだったり、パートナーとの関係性においての問題ではありますが、きわめて微妙で曖昧な問題であり、実際にどのくらいの時間であれば可なのか? あるいは不可なのか? は、非常に難しい部分です。

逆に、「遅漏」の場合や、まったく射精に至らないようなケースの方が問題なことも多いのかもしれません。

早漏は「性行為において、パートナーの女性が満足しないうちに男性が射精してしまうこと」と言われていますが、パートナー次第な部分も大きいものです。

具体的な数字は、膣内挿入後、射精が我慢出来ない時間として、30秒間とも、1分や2分とも言われています。早漏には、はっきりとした時間的な基準はありません。

2003年に開催された「性機能障害に関する国際コンサルテーション会議」で示された早漏の診断基準としては

  • 膣内射精潜時が2分以内
  • 射精のコントロールが不能
  • 本人、パートナーの心理的な苦痛

上記3点を満たす場合となっています。

ほとんどの場合において、男性の身体機能に問題はありません。男性にとってはコンプレックスとなりがちですし、パートナーとの関係においても問題となることが少なくありません。

性体験の少ない若い時期や不慣れな場合は、極度の興奮により自分の性欲のコントロールがうまくできず、射精が早くなる傾向があります。要は我慢が効かないということですが、多くの場合では経験を重ねることによって改善される事が多いのですが、必ずしもそうではありません。

十分な性体験があるのに、急に早漏になったようなケースでは心因性の場合が多くあり、精神的なプレッシャーからの悪循環から、慢性化してしまうと治りにくいとされています。

ED(勃起不全)傾向があり、早くしなければ!という追い立てられるような精神状態から、早漏になってしまうこともあります。早漏のコンプレックスから、ED気味になってしまうというケースもあり、非常に微妙な問題をはらんでいるのです。

基本的には射精は反射現象であり、勃起現象をつかさどる神経系とはまったく異なるメカニズムとなりますので、勃起しても射精しないこともありますし、勃起していないのに射精することもあります。

ED治療薬自体には射精時間を調整する作用はありません。ただ、気持ちの問題としてEDが改善されることによって、プレッシャーやコンプレックスから逃れることはできるかもしれません。

男として自信を持つこと、自信を取り戻すこと、女性に対して引っ込み思案でなくなること、場数を踏んで行くことこそが、早漏の治療には一番大切と言えるのかもしれません。

EDと早漏は併発する

昔は早漏じゃなかったのに最近になって硬さも若かりしリ頃の様にならないし、射精感も早く感じてしまい早漏傾向が出ているという男性は多いでしょう。

実際に勃起力と早漏は関係しており、硬さが低下すると射精感が早く来るとされています。EDと早漏ですが、いずれもお薬で効果的に改善でき、実際に多くの男性が近年個人輸入が可能になったジェネリックED治療薬早漏治療薬で悩みを解消しています。

原因と症状

早漏は、自分で射精のコントロールができない状態のことで、敏感に性的刺激に反応するために生じやすいとされています。性交に不慣れな若い年代にはよくあることで、一般的には経験とともに慣れれば安定していくと言われています。

しかし、このペニスの敏感性が早漏の原因というのは一昔の考えで、実際はそうではなく脳内で快感を蓄積する貯水池が小さいのが原因ですぐに射精を迎えるのが早漏です。

射精とは、陰茎への刺激からの信号が、脳では無く脊髄の射精中枢を通じて精路などに伝えられることで起きる反射です。この反射作用の経路が、さまざまな理由でさまざまな問題(早い、遅い、射精できない)となり射精障害が起こると言われています。

仮性包茎は早漏とは一切の関係がありませんし、ペニスの過保護やブリーフの下着が早漏を招くなどはありません。

現代の早漏治療には世界中のクリニックで処方される「ダポキセチン」と呼ばれる早漏治療成分の配合されたお薬の服用です。

器質的な早漏

気質的、機能的な原因として、男性の性感帯である亀頭が特に過敏に反応するためとされています。

過敏性早漏

早漏で悩む人に一番多いとされていて、陰茎の感覚神経が敏感過ぎるために生じるタイプです。

通常は、大脳にまで性的刺激が伝達され、射精への準備が始まりますが、過敏な男性の場合は大脳より先に脊髄の射精中枢が反応してしまい、自分の意思とは無関係に反射作用として射精してしまうパターンなのです。

過敏性早漏は、性欲旺盛で勃起力が高いような若いスポーツマンタイプ、感覚神経が敏感なタイプに多く見られると言われています。早漏ストレスによって、気持ちの問題から心因性のED(勃起不全)になるケースも多々あるとされています。

包茎性早漏

包茎は、亀頭が常に包皮におおわれてカバーされているような状態なので、外的な刺激にさらされていないことになります。
そのために、性交時の刺激や摩擦感覚に対して、とても敏感な状態のままなのですね。
仮性包茎の場合でも、亀頭の露出が十分でないと刺激には敏感に反応しがちという傾向があり、早漏気味の人も少なくないようです。

心理的な早漏

心因性早漏

心因性の早漏や、精神的な原因によっておこっている早漏は、若い男性に多いとされています。性行為に慣れていないことにより、強いプレッシャーを感じてしまったり、不安感などが引き金となるケースが少なくないようです。

精神的コンプレックスから、性的な刺激に対して弱くなってしまい、過度な興奮によって脊髄反射で反応してしまいがちになってしまうのです。

心因性の場合は、気にしすぎたり、インターネット上での情報を安易に鵜呑みにして間違った情報に感化され、悩みを深刻化させてしまうことも少なくありません。

特に男性の性的な自慢のような内容は、ほとんどが都市伝説だと思って間違いありません。

ストレス性早漏

ストレスが原因で自律神経のバランスが崩れてしまい、神経トラブルが発生した場合、早漏となるケースがあります。

今までは射精コントロールに問題のなかった男性が、突然のように制御できなくなり、自らの意思とは別に射精してしまうようなパターンで、自律神経の混乱トラブルによって発生する早漏です。

ストレス起因しているので、ストレスを取り除き自律神経が安定すれば根本的に改善されるはずですが、焦ってプレッシャーを強く感じたりして、余計に精神的なストレスを受けたりすることもあります。

心因性EDに陥ってしまうことも少なくないと言われています。

改善方法

若年性の場合は性的刺激に対して敏感なことが原因のケースが多いので、場数をこなし、性行為に慣れていくにつれて自然と解消されてくるものです。ただし、個人差もありますので一概に言えない側面もありますが、深刻に受け止め過ぎないことが一番大切です。

ケースバイケースですし、パートナーとの相性もあり、デジタル的に何分でどーこーとは言えない部分でもあります。他人の自慢話は話半分に受け流し、他人と比較しないことが肝要です。

心因性や仕事などでのストレスが強い場合など、「落ち着いて」「焦ることなく」「ゆっくりと」リラックス状態を保って興奮し過ぎないように性行為をおこなうことが大切です。

常に精神的な余裕をもっておくことによって、過度な興奮を抑制し、射精のコントロールも可能になるかもしれません。

仮性包茎や下着の種類などは早漏症とは一切関係が無いと言うのが現代の早漏治療の考え方で、最も効果的な改善法は早漏治療薬(ダポキセチン)を性行為の1時間ほどまえに服用することで、有名な早漏薬はプリリジーと言い、安価なジェネリック早漏薬もあります。

治療方法

最近では早漏外来と言ってクリニックで早漏をお薬で改善することが一般的になり始めています。その場合、プリリジーと呼ばれるダポキセチン配合の早漏治療薬が処方されます。

プリリジーは非常に値段が高く、1錠あたり4000円ほどもする高価な早漏治療薬ですが、同じ効果のジェネリック薬もあります。成分はダポキセチン60mgで通常は半分でも十分な早漏改善効果が期待できます。

早漏治療薬のジェネリックには早漏のみを改善するお薬と、早漏とED(勃起不全)両方を改善するお薬があります。

早漏治療薬を服用できる年齢は?

早漏は10代の男性から勃起力の低下とともに昔は早漏じゃなかったのに最近早漏になったという男性など服用の年齢制限はありません。

注意点としては成分のダポキセチンがお酒のアルコールと相性が良くないため、個人差がありますがお酒を沢山飲んでいる際の服用は避けることが良いとされています。