今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

症状別の改善法|淋病(性感染症)

淋病とは

「淋病(淋菌感染症)」は、淋菌に感染することが原因となって発症する性感染症(STD)です。性行為などによって簡単に粘膜に感染する病気で、クラミジアの次に感染者の多い代表的な性感染症です。

感染率が約30%と高く、淋病と同時にクラミジアにも感染しているケースが多くなっています。紀元前の書物にも記載されているほど、とても古くからある病気で一時期は現象傾向でしたが、1990年代をすぎてからは特に感染者数が増加しています。

「淋病(りんびょう gonorrhea)」は、病原菌「淋菌(Neisseria gonorrhoeae)」によって起こる性感染症で、主に男性の尿道炎、女性の子宮頸管炎を発症します。

淋病を放置すると、尿道から身体の奥へ感染が進行していき、男性では精巣上体炎となり強い痛みが生じたりします。

女性の場合は、卵管炎や腹膜炎、肝周囲炎と身体の中へ炎症が拡がってしまうこともあります。喉・咽頭への淋病感染も増加していますが、自覚症状が全くないてめに、知らないうちにパートナーにうつしていることが多いとされています。

淋菌は、粘膜など温かく湿った部位でよく増殖します。「子宮頸管」「子宮」「卵管」「尿道」「口腔」「咽頭」「目」「肛門」などが該当します。

未治療のままで、淋病を放置してしまうと、男性、女性共に取り返しのつかないケース至る可能性がありますので、性感染症の専門医療機関での治療が必要です。

女性の場合、淋病は骨盤内炎症性疾患(PID)の原因となりますし、骨盤内炎症性疾患(PID)が続発すると、不妊症や子宮外妊娠を引き起こすことが多々あるとされています。

男性の場合は、淋病によって精巣上体炎となり、精子をつくる造精子機能が阻害され、無精子症・不妊症に鳴るケースが多いと言われています。

淋菌は比較的弱い菌なので、性行為以外での感染は少ないのが特徴ですが、家族内での感染が見られたケースも中にはあります。母親が淋菌に感染していると、出産・分娩時に赤ちゃんが産道通過のさい、母子感染をおこし、赤ちゃんが淋菌性結膜炎となります。

出産後2~3日で症状が現れることが多くあり、治療せず放置してしまうと結膜炎や角膜潰瘍などを引き起こしてしまうこともあり危険です。

赤ちゃんを失明させてしまったり、関節への感染、血液への感染といった、病気や障害のリスクにさらす事になり、命に関わるような状態になる可能性もあるかもしれません。

淋病の原因と症状

淋病は、淋菌が粘膜(ペニス・膣・口・肛門など)の接触によって感染し、広がっていきます。淋菌の感染には、必ずしも射精という行為は必要ではなく、粘膜の接触だけで直接感染してしまいます。

一度治療をしても、免疫などはできませんので、再び淋病の感染者と性的な関係をもてば、再び淋病に感染してしまいます。淋病は、出産時に産道から母から子へ感染させてしまうことも、少なくありません。

男性の淋病

男性の淋病では、感染後2~5日後には、明らかな症状がみられる人もいますが、感染後30日以上たって発症する人もいます。排尿時の焼けるようなひどい痛みと、白色か黄色、緑色などの分泌物が比較的大量にあり、睾丸が腫れて痛みをともなう場合があります。

男性は比較的症状か激しく、尿道炎による排尿時の痛みが特に顕著ですが、まれに自覚症状のないケースもあるのが厄介です。

治療をせずに放置していると、痛みが治まってしまうこともありますが、菌は体内に残っており(保菌状態)、徐々に広がってしまい体内の生殖器の炎症を起こしてしまいます。

尿道から精巣上体炎となり、精子が作れなくなって無精子症になるケースもあります。

女性の淋病

女性の場合は、膣から子宮あたりに炎症をおこしますが、一般的に穏やかな症状であることが多く、無症状のケースもあります。

膿のようなオリモノの増加や悪臭、排尿時に熱感を伴った痛み、月経時以外の不正出血といった症状で、淋菌の特徴とは言い難いため、膀胱炎や膣感染症などと勘違いしてしまうケースも少なくありません。

症状の有無や、状態にかかわらず、淋病に感染した場合、淋菌が持っている組織破壊性というリスクから逃れることはできないのです。感染を放置しておくと、体内の内部に感染が拡大していき、不妊の原因ともなります。

妊娠中に淋菌に感染すると、流産や骨盤内感染症、早産、破水の原因にもなります。赤ちゃんは出産時に産道で淋菌に感染してしまい、両眼が菌に侵されることが多く、早期に治療をしないと失明する危険もあります。

クラミジアと同様に、淋病も子宮外妊娠、骨盤内感染症、慢性腰痛の原因になることがありますので、注意が必要です。

性器以外にも、男女共に喉、眼、直腸などにも感染します。

淋病の治療方法

古い菌である淋菌は進化を続けていて、抗生剤に対しての薬剤耐性を獲得しているケースが多くなってきています。一昔前までは淋病にはペニシリンという、細菌をやっつける抗生物質薬で治療していました。

現在は、ペニシリンが効かないタイプの淋菌が現れて広まっているために、他の抗生剤などを使用します。このように、特定の薬が効かない菌のことを「耐性菌」と呼んでいます。

治療薬に関しては、抗生物質のフロモックス、クラビットメイアクトミノマイシンクラリスなどは以前は淋菌にも効果がありましたが、耐性により効きにくくなっており、現在はジスロマック(アジスロマイシン)が効果的とされます。

耐性菌になってしまう原因は色々ありますが、例えば「症状がよくなった」として薬を飲み残したり、治療を途中で止めてしまったりして、完全に淋菌が除去されていない状態で保菌者となってしまうと、体内に残っていた淋菌が耐性菌に変化してしまうことがあります。

自らの身体内で耐性菌を育てて、性行為によってパートナーに耐性菌を感染させ、拡大させたりするのです。

進化した耐性菌には、どの抗生剤が効果があるか? は、なかなか診断が難しく、色々と試して効果を確認していくしかありません。

そのために、効果をチェックしつつの投薬治療になりますので、完治までには日数もかかることが多く、更に薬剤耐性が許可されるという悪循環にもなりがちです。

耐性菌も種類が増えてしまい、淋病に効く薬が少なくなってきています。現在は、主に3種類ほどの薬が治療に使われていますが、それらの薬が効かない淋菌が出現したという報告もあります。

男性の場合は「泌尿器科」「性病科」、女性の場合は「産婦人科」「性病科」を受診してください。咽頭感染の場合は「耳鼻咽喉科」が良いでしょう。

パートナー間でのピンポン感染を防ぐためにも、耐性菌を育て合ってしまわないためにも、同時にしっかりと治療するようにしてください。