今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

タダリスの副作用

タダリスの服用方法

タダリスは、バイアグラレビトラとは違い、副作用が発現すること自体が少なく、副作用が発現したとしても滑らかに発現し、副作用の症状としては弱いといわれます。

タダリスの副作用の発現率は約30%ほどですが、バイアグラやレビトラは約90%発現率があるので、タダリスがどのくらい副作用が少なく、安全かがわかります。

一般的には副作用として顔のほてり・目の充血・頭痛などが認められていて、最も多く発現するのは頭痛が多いとされています。

副作用のほとんどは血管が関係している症状ですが、これはタダリスの作用の1つである血管を拡張し、血流をよくするという作用が関係しているといえます。

血流がよくなる事で勃起状態を促進しますが、陰茎だけ血流をよくするわけではなく、全身くまなく血流がよくなるために起こる症状といえます。

副作用自体は、タダリスの効果が切れると自然と副作用も消失するのでよっぽど強い副作用でもない限り問題はありません。また、副作用は服用する人の体質によっても変わってきます。

眩暈・鼻水・鼻詰まり・腰痛・筋肉痛・下痢・発疹も報告されている副作用です。

バイアグラレビトラに認められる副作用の1つである視覚異常に関しては、タダリスでは認められないといわれているので、EDの治療薬を服用後に車の運転など目を使う作業をする場合にはタダリスが最適といえます。

副作用が出るのが嫌な場合は、服用量を減らせば副作用も軽減します。

タダリスは、半錠にして服用しても効果に問題があるわけではないので、副作用が強いと感じた場合には、服用量を減らすことも検討しましょう。

副作用が弱いといわれるタダリスでも服用量を間違うと、強い副作用が出る可能性はあります。

なので、健康状態が良好な時に服用するようにしたり、泥酔している時には判断力が低下しているので泥酔するまで飲酒をしないようにしたり、泥酔した場合はED治療薬を使用せずに性行為も控えるのが良いでしょう。

また、1日1回1錠を限度として服用し、1度服用したら再び服用するまで最低でも24時間は空けるようにしましょう。