今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

タダリスの服用法

タダリスの服用方法

EDの治療薬シアリスのジェネリック医薬品であるタダリスは、食事やアルコールの影響を受けにくいといわれていますが、空腹時に服用した方がより急速に効果が発現します。

タダリスの有効成分であるタダラフィルを体に十分に吸収させるには約2~4時間かかるので、食事の3,4時間前に服用するのがベストです。

体に吸収されてしまえば、その後に油分の多い食事をしても大丈夫です。ただし、タダリスの効果が発現し始めるのは服用後30~60分ほどなので、最低でも性交を行う1時間前に服用するようにしましょう。

また、まったく食事の影響を受けないわけではありません。食事の影響を受けにくいだけなので、基本的には空腹での服用がいいでしょう。

もし、食事をしてから服用する場合でも800calを上限として軽食で済ませるようにします。

タダリスの効果は最低でも1日は持続するので、バイアグラレビトラのように服用する時間を気にする必要はあまりないのでその点ではバイアグラやレビトラのように服用するタイミングを気にする必要はありません。

アルコールの影響を受けにくいですが、あまり泥酔した状態で服用するのは危険ですし、泥酔した状態だと服用量を間違う可能性があるので、アルコールはほろ酔い程度にとどめてしっかりと判断できる状態を維持しましょう。

服用量を間違うと、副作用が強く出てしまう可能性があるので注意します。

バイアグラやレビトラのように即効性があるED治療薬ではないので、服用後すぐに勃起を促進するような状態にはなりませんが、効果がゆっくり発現するように副作用もゆっくりと発言するので、利用するものにとっては安心して使用する事ができます。

又、副作用は体質によって変化するので始めて服用する場合は少量から初めて効果や副作用の強さを確認しながら服用するようにします。

タダリスを服用する際には、1日1回1錠を限度とし、効果や副作用の強さによっては半錠を限度とします。

半錠で服用しても効果には問題ありません。1度服用して次服用するまでは最低でも24時間は空けるようにしておきます。

タダリスの服用の注意点

EDの治療薬シアリスのジェネリック医薬品であるタダリスを服用する際には、1日1錠を限度として服用するようにします。

1日1錠以上を服用しても効果が増強されるわけではなく、副作用が少ないといわれるタダリスでも副作用が発現しやすくなる可能性があります。

1度服用したら、次に服用するまで最低でも24時間は空けるようにします。

タダリスは、効果の持続時間が最低でも24時間あるのでバイアグラのように数時間で効果が切れるわけではないので24時間開ける事は難しいことではないです。

タダリスは、服用してから効果が発現し始めるまで30分~1時間ほどかかり、しっかりと体に有効成分が吸収されるまで1~4時間度ほどかかります。

なので、服用するタイミングは性交の2~4時間前がベストといわれます。

また、タダリスは食事やアルコールの影響を受けにくいとされているので食後に服用しても問題ないとされていますが、完全に影響を受けないわけではなく、一般的には800calを限度とするといわれ、800cal以上の食事はあまり良くないといわれています。

特に、ステーキや焼き肉などの油分が多い食事は効果が減弱するといわれています。

タダリスの効果をより急速に発現させるためにはバイアグラと同じように空腹時に服用した方がいいといわれています。

タダリスには併用禁忌の医薬品が存在します。特にニトログリセリンなどの硝酸剤は、血圧が下がり過ぎてしまい、心停止の恐れがある為に併用してはいけません。

また、タダリスを服用してはいけない人も存在します。

高血圧や低血圧の人、3か月以内に心筋梗塞、6か月以内に脳梗塞や脳出血を起こした人は服用できません。

更に、今までタダリスを服用してアレルギーが発現した人や医師から性交を控えるように言われた人、不安定狭心症のある人や性交中に狭心症を起こしたことがある人、治療による管理がされていない不整脈の人、重い肝障害がある人、網膜色素変性症の人、既婚者を除く未成年の人はタダリスを服用しないようにします。

医薬品やサプリメントを服用している場合には、医師に相談してタダリスを使用するようにします。