今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

タダリスの成分

タダリスの成分

シアリスのジェネリック医薬品であるタダリスの主成分は、タダラフィルです。

タダラフィルは、勃起状態を萎えさせる作用があるPDE5を阻害する作用と血管を拡張する作用があります。この作用により、陰茎の血流が増加して勃起状態を促進します。

タダリスの効果の持続時間は体質によって違いますが、24~36時間の非常に長くあります。タダリスの場合は10㎎と20㎎があり、10㎎でも24時間は効果が持続します。

効果の持続時間は、同じEDの治療薬であるバイアグラやレビトラの場合は約4時間なので非常に長い時間効果が持続する事がわかります。

ただ、効果が長いのでバイアグラやレビトラのように即効性はなく、服用後30~60分経過しないと効果は徐々にしか発現しません。

副作用自体は少ないといわれますが、その副作用も効果同様に徐々にしか発現しないので安心して服用する事ができます。

タダリスは分解や吸収がされにくい成分なので、効果がゆっくりしか発現しないことや長時間の効果の持続時間になったといわれています。

ただ、タダラフィルには同時に服用する事が禁止されている併用禁忌の医薬品が存在します。

特に、硝酸剤とタダラフィルを併用すると血圧が下がり過ぎてしまうために、場合によっては命の危険に陥る事があります。

タダラフィルも硝酸剤も同じくは血管を拡張される作用がありますが、血管が広がるという事は血圧が下がります。

硝酸剤は、虚血性心疾患の治療に用いられます。硝酸剤を服用している場合にはタダラフィルの併用をしないようにします。

タダリスの特徴としては、食事やアルコールの影響を受けにくいとされているのでバイアグラレビトラのように空腹時に服用しなくてはいけないわけではありません。

ただし、食事の影響を受けないわけではなく、あまり受けないだけで一般的には食事する際には800calほどの軽食だけで済ますようにします。

それ以上のカロリーの食事、特に油分が多い食事は服用する前には食事しないようにします。