今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

タダリスとは

タダリスとは?

タダリスとは、正式名称をタダリスSXという商品名のED治療薬であるシアリスのジェネリック医薬品です。

シアリスは2003年に世界で販売が開始され、2007年には日本で販売が開始された厚生労働省が認可された第3世代のEDの治療薬です。

ジェネリック医薬品は、特許期間が過ぎた医薬品を研究開発した製薬会社とは別の製薬会社が同じ製造方法と同じ成分で製造した医薬品で、販売されていた商品名とは違う商品名で販売される医薬品です。

もともとある医薬品を製造販売するので、ジェネリックの販売価格が元の医薬品と比べるとかなり安価で販売される医薬品です。

ただし、インドで製造されるジェネリック医薬品は、もともとある医薬品とは製造方法が違うために日本では認可を受けてはいないジェネリック医薬品です。

タダリスは日本では承認されてはいないので、病院で処方されたり、薬局などで購入したりする事はできませんが、個人輸入という方法で購入する事はできます。

ただ、この方法だと偽物を掴まされる可能性もあるので注意して購入する必要があります。

タダリスには10㎎と20㎎があり、有効成分はシアリスと同じくタダラフィルです。タダラフィルを服用すると、血管を拡張し、血流がよくなります。

その結果、陰茎への血流が増加する事になり、勃起状態を促進します。通常、勃起状態を萎えさせる酵素であるPDE5の作用を抑制する事で勃起をしやすくします。

また、タダリスはバイアグラやカマグラとは違い、効果の持続時間が非常に長く、副作用が少ないのが特徴です。

タダラフィルは水に溶けにくい性質があるために、即効性はありませんが、徐々に効果が発現するために効果が非常に長く持続し、副作用自体

徐々にしか発現しないので安全性は他のEDの治療薬と比較すると非常に高いEDの治療薬といえます。

更に、タダリスはバイアグラやカマグラのように食事やアルコールの影響を受けにくいとされるので飲むタイミングに関してはいつでも構わないEDの治療薬です。

EDは、勃起不全や中折れなどで満足のいく性交ができない状態が3か月以上継続したことをいいます。

EDの原因には心因性や器質性などがあり、年齢を重ねた40~50歳に多いというわけではなく、20~30歳でも起こる可能性がある疾患です。また、タダリスはどの原因にも効果が立証されているEDの治療薬です。

タダリスを含めたEDの治療薬は、強制的に勃起状態にするわけではなく、勃起状態になりやすくする医薬品です。

なので、服用してもすぐに勃起するわけでなく、有効成分がしっかりと体内に吸収された状態で性的な刺激を受けないと勃起状態になる事はありません。

タダリスとシアリスの違い

EDの治療薬であるシアリスとシアリスのジェネリック医薬品であるタダリスは、効果や副作用はほぼ同じです。ただし、製造している製薬会社が違うので、錠剤の添加物が100%一緒である事はありません。

シアリスは2003年にイーライリリー社が研究開発して世界で販売され始めて、日本では2007年に日本新薬によって販売され始めたEDの治療薬です。

バイアグラやレビトラに次ぐ第3のEDの治療薬として販売され、効果の持続時間が非常に長いことや食事やアルコールの影響を受けにくいことから世界中で人気があるEDの治療薬となっている医薬品です。

タダリスはインドに本社があるAjanta Pharma(アジャンタファーマ)社で製造されているシアリスのジェネリック医薬品です。

Ajanta Pharma(アジャンタファーマ)社は、バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラも製造している製薬会社で、世界で唯一3大ED治療薬であるバイアグラやレビトラ、シアリスのジェネリック医薬品を製造販売している製薬会社です。

ジェネリック医薬品は、特許期間が過ぎた医薬品を別の製薬会社が同じ製造方法と同じ成分で違う商品名で販売する医薬品です。

もともとある医薬品を製造販売するので、販売価格が格段と低い価格で販売されているので購入者にとってはありがたい医薬品です。

シアリスとタダリスは、製造方法や製造場所が違います。

また、シアリスは日本を含めて世界各国で承認されていて、病院や薬局で購入する事ができますが、タダリスはインド国内でしか承認されていないので日本で購入するには個人輸入しか方法がありません。

個人輸入でしか購入できないので、しっかりとしたところから購入しないと偽物も流通しているので要注意です。

偽物は、効果が出ないものはそこまで問題はありませんが、一番の問題は健康に悪影響がある偽物もあるので偽物には注意しながら購入するようにします。

シアリスとタダリスの最大の違いは、価格でタダリスはシアリスの1/5程度の価格で販売されています。

シアリスは1錠約1500円程度ですが、タダリスは1錠約300円ほどです。

タダリスの製造会社

EDの治療薬であるシアリスのジェネリック医薬品であるタダリスは、インドのムンバイに本社があるAjanta Pharma社で製造販売されています。

Ajanta Pharma社は、ジェネリック医薬品を手掛ける製薬会社でタダリスの他には、抗マラリア、心臓病、皮膚、食道、筋骨格、眼、呼吸器官などの医薬品や、他の男性医薬品のジェネリックを製造販売しています。

EDの治療薬としてもバイアグラやレビトラ、シアリスの3大ED治療薬のジェネリック医薬品を製造販売している世界で唯一の製薬会社です。

ジェネリック医薬品は、最近ではCMなどでもよく見かけます。

ジェネリック医薬品とは、特許期間が過ぎた医薬品を別の製薬会社が同じ製造方法と同じ成分で違う商品名で販売する医薬品のことで、開発研究をする必要がないので安価に販売される医薬品です。

Ajanta Pharma社は、1973年に設立された製薬会社で、2000年にはインドの株式市場に上場した製薬会社で、世界で従業員が5000人を超える製薬会社です。

Ajanta Pharma社の商品は世界40か国で販売されています。

技術開発のイノベーションを通じて、世界に必要とされる医療技術を提供する事を理念としてWHOが定める適正製造基準の認定を受けた4つの製造拠点を保有して、製造販売をしているので安全性は高い製薬会社といえます。

また、米国食品医薬品局、英国医薬品ヘルスケア製品規制庁、WHOの事前資格審査、ユニセフなどの保健機関によって承認されているので、高い安全性は保障されているといえます。

日本ではタダリスは承認されていないので、シアリスのように病院で処方されたり、薬局で販売されていないので、個人輸入サイトで購入するしか方法がありません。

タダリスは効果の持続時間が非常に長く、食事やアルコールの影響を受けにくいという特徴から非常に人気が高いEDの治療薬なので偽物も流通しています。

偽物の中には服用すると、健康被害が現れるものもあるので個人輸入サイトで購入する際には、偽物には注意して購入するようにしましょう。