今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(AGA・育毛)|皮膚科のガイドラインにある薄毛治療薬

加齢に因る薄毛の原因とは?

一般的に、年齢を重ねるほどに髪が薄くなっていくというイメージが有ります。特に男性に多く見られる「M字ハゲ」と呼ばれるタイプの薄毛は「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれています。

一般的に高齢者が発症しやすいタイプの薄毛なのですが、その進行自体は思春期以降に徐々に進んでいるのです。皮膚科学会の「AGA治療ガイドライン」においては、AGA発症率は20代で10%、以降は10歳ごとに10%ずつ増えています(50代で40%)。

年齢を重ねるごとに発症リスクの高まるAGAは、実は男性だけの薄毛ではないのです。

女性にも起こるAGA?

AGAが「男性型脱毛症」という意味で用いられているからには、その発症は男子特有の薄毛であると理解できます。しかし、そのメカニズムを冷静に考えると、実は女性にも発症する可能性があるのです。

AGAの原因は、体内の男性ホルモンが還元酵素で強力な作用を持つ男性ホルモンに作り変えられることがその根幹となっています。男性ホルモンが関わっているのであれば、女性は無関係と思われるかもしれませんが、実は女性の体内でも男性ホルモンは作られているのです。

還元酵素も当然ながら存在するので、女性でもAGAのリスクは十分に考えられます。それでも、やはり男性の方がAGAのリスクは高いと思いませんか?女性の場合、男性ホルモンの影響を「女性ホルモン」で打ち消しているため、男性ほどAGAのリスクはありません。

しかし、閉経に近づくに連れて体内の女性ホルモン生産量が減少するため、男性ホルモンの影響が強くなることでAGAを発症するのです。少なからず女性ホルモンの影響は残るので、男性とは異なる薄毛のタイプとなります。

皮膚科で推奨される治療薬とは?

そんなAGAですが、現在ではそれを治療するための薬が開発され、日本でも治療のために用いられています。その名前は「ミノキシジル」と「フィナステリド」です。これらはガイドラインで規定されている、最も高い推奨度を持つ治療薬なのです。

5段階の評価の中で、2番めには医薬品は規定されておらず、もう一つ下の段階でいくつかの治療薬が規定されています。つまり、上記2種類の医薬品は、AGA治療における最も優れた効果を持つ治療薬であるということになるのです。

育毛剤では悪者扱いされているけど

さて、薄毛対策といえば「育毛剤」が知名度が高いのではないかと思います。今現在、ネットでも数多くの育毛剤が販売されています。ところで、そうした育毛剤の中で「ミノキシジル」や「フィナステリド」が配合されている商品は見当たりますでしょうか?

スカルプD、ポリピュア、モウガなど薬局などで購入できる育毛剤は医薬部外品のためミノキシジルやフィナステリドは配合されていません。ということは医学的に抜け毛防止、発毛促進の効果は立証されていないということです。

各育毛剤の紹介ページでは、フィナステリド、ミノキシジル成分は市販の育毛剤に配合されていないどころか、むしろ悪者扱いされていることが多いです。というのも、ミノキシジルにもフィナステリドにも「副作用」があるのです。そのため、育毛剤ではこうした成分は配合しないことで価値を高めているのですが、だからといってこれらの成分が悪いものであるかといえば全く別です。

実際に育毛外来を病院で受ける場合は必ずミノキシジルとフィナステリド配合薬が推奨され、市販の育毛剤の処方は当然ですがありません。

医薬品において副作用があることは、どうしても体質等の問題で発生のリスクはあるものです。今までにも「薬が体に合わなかった」ということは、誰もが経験したことがあると思います。

ミノキシジルもフィナステリドも、常に副作用の発生が起こるかといえばその限りではなく、あくまでも「そうしたリスクが有る」という範囲に留まります。また、今現在でも医療現場において用いられているということは、それだけ効果が有用なものであるということに他ならないのです。

育毛薬のジェネリックとは?

AGA治療薬には脱毛を止めるフィナステリド配合のプロペシア(服用薬)と発毛を起こすミノキシジル(塗り薬、服用薬)のロゲイン、リアップなどが有名ですが、いずれにもジェネリック薬が開発されており低価格で購入できます。

プロペシアのジェネリックであればフィンペシア100錠、塗り薬のロゲインやリアップであればツゲイン5%ツゲイン10%、ミノキシジルの服用薬であればロニタブロニテンジェネリックがあります。