今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|ジェネリックED治療薬

ジェネリック医薬品って何?

そもそもに、「ジェネリック医薬品」というものが、どういった薬であるのかについて解説しましょう。一般的に「安価で購入できる医薬品」というイメージを持つ人が多いかと思われます。

その認識は間違っていませんが、では、どうして安価で販売できるのでしょうか。安価で販売されているということは、いわゆる「安物」であるという印象を受けざるを得ませんが、ジェネリック医薬品の場合、その安さには正当な理由があるのです。

通常、医薬品は様々な研究や実験を経て開発され、認可を受けて販売されています。その過程には数多くの費用がかかりますので、結果として生まれた薬には相応の値段がつきます。

ジェネリック医薬品は、そうして生まれた薬の「特許が切れた」ことで、同じ有効成分を用いて作られた医薬品なのですが、開発にかかる費用が発生していないので、安い値段で販売しても十分な利益が確保できるのです。

つまり、ジェネリック医薬品は安い原料を用いているとか、必要不可欠な費用をケチっているとかいった理由ではなく、開発や特許使用料などをかけていないために安くなっているのであり、その効果については十分な範囲が確保されているのです。

ED治療のジェネリック医薬品

ED(勃起不全・中折れ・硬さの不満)に関して日本においては、2014年に「バイアグラ」の特許が切れ、ジェネリック医薬品の製造と販売がスタートしています。これを読んで「あれ?」と思われた人も少なく無いでしょう。

実は、それ以前からバイアグラにはジェネリック医薬品が存在し、日本でもネットを用いての個人輸入という形で販売されていました。バイアグラの特許が切れる以前に、なぜジェネリック医薬品が存在していたのでしょうか。

おそらくですが、そのバイアグラのジェネリック医薬品は「インド製」なのでしょう。インドにおいては、日本や欧米とは異なる法律があるため、特許の失効していないバイアグラのジェネリック医薬品も堂々と作られていたのです。

なんとなくずるい気もしますが、インド製のジェネリック医薬品はその安さが売りとなり、多くの発展途上国の医療現場において使用されているという実情があります。また、有名な「国境なき医師団」においても、安価なインド製のジェネリック医薬品が用いられています。

インド製のジェネリック医薬品は、世界的に見ても必要不可欠な存在として認知されているのです。インド製のジェネリック医薬品においては、バイアグラ以外にも「シアリス」や「レビトラ」といったED治療薬のジェネリック医薬品があり、オリジナルの数分の1から10分の1ほどの値段で販売されています。

日本製のバイアグラのジェネリック医薬品は?

日本においても、2014年のバイアグラの特許失効以降に、様々なメーカーからバイアグラのジェネリック医薬品が登場しています。オリジナルが1錠1500円という価格帯に対して、ジェネリック医薬品では1錠あたり1000円~1200円という価格帯で販売されています。

ジェネリック医薬品のメリットである「安さ」については、期待していたほどのものではなかったということです。また、日本では50mg錠までしか承認されておらず、インド製の100mg錠に比べてコストパフォーマンスの面で大きく劣ることになります。

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬は?

ジェネリック薬を専門に開発製造するインドのメーカー製のジェネリックED治療薬を個人輸入で安価に購入できます。オリジナルED治療薬バイアグラ、レビトラ、シアリスと同成分のジェネリックのため、価格は数分の一の低価格ですが、勃起力を高める効果は先発薬と同等とされます。

バイアグラジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもバイアグラ100mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのバイアグラジェネリックはこちら>>

レビトラのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもレビトラ20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。何れもレビトラの4錠に対して10錠入りでコストパフォーマンスにも優れます。

全てのレビトラジェネリックはこちら>>

シアリスのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもシアリス20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのシアリスジェネリックはこちら>>