今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|ED治療薬を飲む際のポイント

心臓病の薬は併用できない

バイアグラ等のED治療薬は、日本では医師の処方がなければ入手することが出来ません(個人輸入という例外を除けばですが)。しかし処方と言っても、数分の問診だけで終わることが多いです。その問診の際、必ずと言ってよいほど聞かれるのが「何か、心臓のお薬を飲んでますか?」という内容です。

その理由は、心臓病に関する医薬品の中に、ED治療薬とは併用できない物があるからです。全てがそうだとは言えないのですが、ED治療薬との併用が不可能なのは「硝酸剤」と「塩酸アミオダロン」です。

硝酸剤とED治療薬

「硝酸剤」は、狭心症や心筋梗塞の発作を抑えるための薬です。心臓の「冠状動脈」を拡張させることに因って、心筋への血液供給量を増やす効能があります。ED治療薬について勉強している人は、ED治療薬が血管拡張に影響する薬であることをご存知かと思います。

つまり、硝酸剤とED治療薬は殆ど同じ働きをすることになります。なら、お互いに邪魔しあわないから良いのでは、と思うかもしれませんが、同じ作用を持つ硝酸剤とED治療薬を併用することで薬効が異常に作用してしまい、血圧の低下を招いてしまう可能性があるのです。

実際、バイアグラの発売当初では「腹上死(=性交死、セックス中に男性が死亡すること)」という言葉が知れ渡ることになってしまったという事件がありました。余談ですが、ED治療薬も元々は狭心症の薬として開発されたという経緯があるのです。

塩酸アミオダロンとED治療薬

「塩酸アミオダロン」は、心室細動などの不静脈の治療薬です。これもED治療薬とは相性が悪く、併用してしまった場合には脈拍の乱れを悪化させる可能性が高いです。そもそもに塩酸アミオダロンは、副作用のリスクが高い医薬品であるため、あまり処方されることはありません。

他にも不静脈の治療薬はいくつかありますが、そういった不静脈の治療薬が奏功しなかった場合に処方される薬としての立ち位置があります。ED治療薬以外にもいくつかの併用不可の例があり、強心薬、降圧薬、利尿剤などの中には塩酸アミオダロンとの併用ができないものがあります。

脳梗塞などを起こした人も服用できない

併用とは異なりますが、ED治療薬が処方できないケースが他にもあります。それは「最近6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの心血管系の病気を発症したことがある人」です。医薬品の有無ではなく、ED治療薬を服用したことで行う「性行為」が、体の負担になると考えられるからです。

その他のED治療薬処方不可の例

その他にも、ED治療薬が処方できないケースはあります。まず、性行為中に狭心症の発作を起こしたことがある人です。これは上記の心血管系の負担の例と同様です。次に、低血圧症の人も、ED治療薬は服用できません。逆に、高血圧の治療をしていない人も、ED治療薬を処方できません。

しかし、高血圧に関してはその治療薬とED治療薬の併用は認められています。相性の問題のあるED治療薬ですが、前立腺肥大症の治療薬としてED治療薬の成分の一種である「タダラフィル」が連日投与されるように、用法用量の範囲内であれば毎日服用しても安全な薬でもあります。

もちろん、人によっては上記の症状がなくても相性が悪いことはありますので、服用して異常が見られたら速やかに病院へ行きましょう。

ジェネリックED治療薬を知りましょう。

バイアグラにはシルデナフィルクエン酸配合のジェネリック薬が多数あり、インドの製薬会社が製造するジェネリックは安価で人気です。特にカマグラブランドは認知度が高くユーザー数が多いジェネリック医薬品です。

全てのバイアグラジェネリックはこちら>>

レビトラのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもレビトラ20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。何れもレビトラの4錠に対して10錠入りでコストパフォーマンスにも優れます。

全てのレビトラジェネリックはこちら>>

シアリスのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもシアリス20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのシアリスジェネリックはこちら>>