今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|男性膣不感症とは?

男性膣不感症とは?

「男性膣不感症」とは、簡単に言えば「マスターベイションでは射精できるけど、本番では射精できない」という症状です。別名「膣内射精障害」とも呼ばれています。

日頃のマスターベイションでは、勃起や射精に全く問題がないにも関わらず、いざ女性との本番に臨むと、どういうわけか射精にまで至れないという症状で、場合によってはパートナーとの生活に支障を及ぼす可能性もあります。この男性膣不感症は、主に「若い世代」と「中高年」の2つの発症パターンが考えられます。

若い人の男性膣不感症

若い人の場合、マスターベイションから膣の快感への移行が上手くいっていないことが原因であると考えられます。通常、男性は思春期頃にマスターベイションによって射精の快楽を覚えます。その後、成長してから女性との本番に臨むという人のほうが大多数を占めるでしょう。

そういった人の場合、マスターベイションによって射精までのプロセスを脳が把握していても、女性の膣を用いての快感については、脳がそのプロセスを把握しきれていません。射精という結末は同じでも、それに至るまでの快感のプロセスが異なることと、手を用いてのマスターベイションの快感と膣の快感では手のほうが刺激や自由度の高さが有り、膣の感触では物足りなくなるということも含めて男性膣不感症を患ってしまうのです。

長年、子供時代に持ち続けた「セックスへの願望」が、いざ本番になってみれば期待はずれの感触だということが、男性膣不感症を誘発する原因となるのです。いろいろとパートナー(女性)との本番行為は、面倒な側面も多く、そうであれば気楽なマスターベイション時代のほうが快感を得られたということも考えられます。

ともあれ、結局は「慣れ」によって解消される問題でもあることは事実です。「男性膣不感症」なんて大袈裟な名前ではあるものの、結局のところは「マスターベイションから本当のセックスへの移行」の段階であって、女性との本番の回数を重ねていけば、次第に射精に到れるようになります。

「要するに、子どもである」というい言い方は些か差別的な表現かもしれませんが、有り体に言えばそういったことであり、愛の営みとしてのセックスを自覚していけば、自然と回復するようなものだと言えます。

中高年の男性膣不感症

中高年の場合、若い世代ほど単純な話でもなくなってきます。なぜなら、中高年の男性膣不感症の場合は、若い世代と同様の理由に加えて「ED」という要素が加わってきいます。年齢とともに減少する男性ホルモンは、次第にEDをもたらすようになりますが、中高年の世代になるとその症状が顕著になり始めます。

若い世代同様に手による刺激よりも膣の刺激に満足しないだけでなく、ペニスの硬さそのものが足りなくなって快感を得にくくなってしまい、射精に至れなくなるのです。こうなると、もはや「慣れ」によって解決できる問題ではなくなっているケースが多くなります。

ここまでになると、原因の一つであるEDを解消する必要が有るため、その治療方法である「ED治療薬」を利用する必要が発生します。たかだかセックスに支障が出るだけだからと言って敬遠するのではなく、解消できる問題であるということを認識して、きちんと問題に向き合うことを考えましょう。

ジェネリックED治療薬を知りましょう。

バイアグラにはシルデナフィルクエン酸配合のジェネリック薬が多数あり、インドの製薬会社が製造するジェネリックは安価で人気です。特にカマグラブランドは認知度が高くユーザー数が多いジェネリック医薬品です。

全てのバイアグラジェネリックはこちら>>

レビトラのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもレビトラ20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。何れもレビトラの4錠に対して10錠入りでコストパフォーマンスにも優れます。

全てのレビトラジェネリックはこちら>>

シアリスのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもシアリス20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのシアリスジェネリックはこちら>>