今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|EDになる主要な4つの原因

EDの種類

一言に「ED」と言っても、その原因はいくつかの存在が考えられます。主要な原因に因って名称が異なり、身体的な原因に因って引き起こされる「器質性ED」、精神的な原因に因って引き起こされる「心因性ED」、その両方が原因で起こる「混合型ED」、それらとは別に服用している薬が原因で起こる「薬剤性ED」があります。

器質性EDとは?

「器質性ED」とは、血管や神経の障害といった、患者本人の身体的な症状を原因として引き起こされるEDです。原因となる症状や疾患は数多く存在しますが、中でも特に器質性EDの原因として知られているのが「動脈硬化」です。

ED、つまり勃起不全を引き起こすことについては、ペニスに血液を送ることが大きなファクターであり、血管障害である動脈硬化はEDのの大きな要因となるのです。メタボリックシンドロームについて言及された人は、自覚症状を感じていなくても「中折れ」を経験する事が多いです。

これは、勃起に関わる血管の多くが細いことに起因しており、動脈硬化の影響を受けやすいことから他の自覚症状よりも先に発症しやすいのです。

心因性EDとは?

「心因性ED」とは、患者本人が感じているストレスや、過去の性行為に関するトラウマ等で引き起こされるEDです。患者本人が疾患を持っていなくても、家族の難病を原因としてストレスを感じることで引き起こされることも十分に考えられます。

勃起は、性的な興奮が神経を伝ってペニスの神経や血管に作用することで引き起こされるのですが、ストレスやトラウマに因ってこのメカニズムに異常が現れ、EDを引き起こすのです。

ストレスの原因は往々にして仕事や家庭でのトラブルが多いのですが、中には「新婚ED」や「排卵日ED」といったパートナーとのセックスを原因としたEDもあり、常に仕事や家庭にトラブルが起きているというわけでもありません。

比較的若い世代に多く見られるEDであり、原因となっているストレス等を取り除いたり、セックスの成功例を作ることで解消できることが多いです。

混合型EDとは?

「混合型ED」とは、病気とストレスの両方を原因として発症するEDです。これは比較的に高齢者に多く見られるEDであり、仕事でストレスを溜めやすい職場や役職についている人ほど多く見られます。この年齢ともなると、勃起に異常が見られてもおかしくない、疲れているんだろうと考えがちですが、実際には動脈硬化等の器質性EDが混在している可能性が高いのです。

薬剤性EDとは?

「薬剤性ED」とは、患者がEDとは別の病気の治療、改善のために服用している医薬品を原因として発症するEDです。その代表的な薬としては「抗うつ薬」が挙げられます。他にも、降圧剤や喘息の薬など、EDやペニスとは無関係に思える医薬品を原因として起こるために、知識のない人はその薬が原因でEDが引き起こされていると自覚しにくいです。

医師の処方に因って入手した薬でEDになるとは、と思われるかもしれませんが、EDは命に直接関係しない症状であり、眼前の疾患の治療に集中するためにリスクについて説明しないことも多いです。

その場合、ED治療薬を併用することも選択肢として挙げられますが、医薬品の中には「ED治療薬とは併用できない薬」もあるため、医薬品に因るEDが疑われた場合は担当医に相談し、然るべき処置を施すようにしましょう。

ジェネリックED治療薬を知りましょう。

バイアグラにはシルデナフィルクエン酸配合のジェネリック薬が多数あり、インドの製薬会社が製造するジェネリックは安価で人気です。特にカマグラブランドは認知度が高くユーザー数が多いジェネリック医薬品です。

全てのバイアグラジェネリックはこちら>>

レビトラのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもレビトラ20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。何れもレビトラの4錠に対して10錠入りでコストパフォーマンスにも優れます。

全てのレビトラジェネリックはこちら>>

シアリスのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもシアリス20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのシアリスジェネリックはこちら>>