今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|ED治療薬の勘違い

ED治療薬は「精力剤」ではない

ED治療薬である「バイアグラ」が世に広まってから、実に20年を迎えようかという今現在、それだけの時間をもってしても未だにED治療薬に対する間違った認識が広まっており、ED治療薬について医師以外で本当に正しく認識している人は極めて少ないと言えます。

まず、最も多いと思われる間違いは「ED治療薬は精力剤である」という間違いです。確かに、似たような目的のために用いられるため、混同しても仕方がないのかもしれませんね。しかし、ED治療薬はれっきとした「医薬品」であり、医師の処方なしでは個人輸入でしか入手できません。

一方、精力剤というものは確かに良い成分が配合されており、高級品ともなれば精力に関して非常に良い原材料を用いているものの、これはED治療において何の成果もなく、医薬品ですらありません。よって、両者を混同することは、ジュースとお酒を混同するがごとく、全くの的はずれな意見であると言わざるをえないのです。

ED治療薬は「媚薬」でもありません

他にも同じような目的で使用されるものに「媚薬」というものがあります。簡単に言ってしまえば「エッチな気分にさせる薬」のようなものですが、ED治療薬にはそんな効果はありません。ED治療薬の効果としては、エッチな気分になった時に勃起させる、ということであり、媚薬とは異なる性質です。

確かにED治療薬をセックスの直前に服用する人は少なくありませんが、エッチな気分に誘発するのではなく、エッチな気分になった時にきちんと勃起できるようにするということで、勃起という結果は同じであれども、その元来の目的は異なるのです。

ED治療薬を飲むことでセックスの質を上げることはできるものの、勃起を促すものではないということにはきちんと留意しておきましょう。「飲んだのに勃たない」などどクレームをつければ、如何にあなたが無知で無勉強であるかを吐露することに他ならないのです。

ED治療薬は、「勃起不全の治療のため」だけに使われるものではありません。

ここまで「ED治療薬は勃起不全の治療のため」という文言を用いましたが、ED治療薬は決してそのためだけに使われるものではありません。そもそもに、ED治療薬の目的は「PDE5」という酵素の働きを阻害することです。これは、勃起を収めるための働きを持つものであり、「中折れ」を防止する働きが期待できます。

また、ED治療薬には「血管を柔らかくする作用」があり、これは動脈硬化の改善に効果があることが注目されています。それ以外にも、ED治療薬の中には「前立腺肥大」の治療薬として用いられているものもあり、実に様々な用途・効能が認められています。

ED治療薬を毎日飲み続けることで、動脈硬化の改善と前立腺肥大の改善に取り組めるということは、特にこれらの発症リスクの高くなる高齢者であるほどに実用性を持つのです。ED治療薬は併用できない薬も多様に存在しますが、医師の処方さえ得られれば誰にでも簡単に入手できます。

その上に、精力剤や媚薬のように曖昧な効果ではなく、医学的知識と技術に基づいた恩恵を得ることが出来ます。決して眉唾ものではなく、勃起の悩みを持つ男性だけでなく、多くの男性の身体の悩みにも対応してくれる存在なのです。

ジェネリックED治療薬を知りましょう。

バイアグラにはシルデナフィルクエン酸配合のジェネリック薬が多数あり、インドの製薬会社が製造するジェネリックは安価で人気です。特にカマグラブランドは認知度が高くユーザー数が多いジェネリック医薬品です。

全てのバイアグラジェネリックはこちら>>

レビトラのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもレビトラ20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。何れもレビトラの4錠に対して10錠入りでコストパフォーマンスにも優れます。

全てのレビトラジェネリックはこちら>>

シアリスのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもシアリス20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのシアリスジェネリックはこちら>>