今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|40代からもEDに負けないためには?

50代になると約半数がED!?

ED治療薬として知名度が高い「バイアグラ」ですが、これの承認が懸案されていた1998年において当時の厚生省が行った調査によると、日本全国の成人男性約2000人のなかでEDを患っている人が、中程度のEDが約870万人、完全なEDが約260万人であると判明しています。

これを年代別に見てみると、40代の男性の場合は5人に1人、50代になるとこれが5人中2人に、60代では5人中3人となっています。つまり、50代以降になると男性の約半数がEDを患うことになるのです。バイアグラの知名度が高くなった現在においても、若年性EDを含めると多くの日本男性がEDに悩まされていることになります。

EDを放置することについてのリスク

年齢とともに発症リスクの高まるEDですが、EDそのものが命の危険に関わることは極めて少ないです。癌や脳卒中といった死亡リスクの高い病気に比べて、EDの場合は直接的に命に関わることはまずありません。

そのため、EDの自覚症状を発見しても、特に対策を取ること無く放置してしまうことが多いです。年齢的にも、既にセックスレスになっていることが多く、放置していてもそこまでのデメリットがないようにも思えます。しかし、実はEDを知りながら放置しておくことは危険が伴うこともあり得るのです。

EDが重大な病気のサインとなる!?

実は、EDが後に発症する病気のサインであるということが、少なくないのです。ED発症後数年後になって、「脳梗塞」や「心筋梗塞」を発症したというケースが少なくないのです。

これについてはきちんとした理論があって、元から動脈硬化を患っているのが原因でEDを発症し、その後にそれが悪化して脳梗塞などの深刻な病気の原因となるのです。

高齢化に伴う男性ホルモンの分泌量の低下が、EDの原因であると考えている人が多いのですが、これに動脈硬化などの他の要因が重なることでEDとなるケースが多いのです。

また、何かしらの原因でEDを発症したことが心理的な要因となり、うつ病などの精神病の原因となることも少なくありません。確かにEDは直接命に関わることはありません。

しかし、EDがサインとなったり原因となる病気は命の危険を伴うことが多いため、EDを知りながら放置しておくことは危険極まりないのです。

40代以降に現役でいるためには?

EDに負けず、歳をとってからも現役でいるためには、ますは「ED治療薬」を用いることです。EDの治療においては「バイアグラ」等の薬が有名ですが、「レビトラ」「シアリス」といった薬もあり、ジェネリック医薬品(特許が切れたことで安く販売できる薬)も多数存在します(海外からの輸入品も含む)。

EDについて自覚症状等からEDの発祥に気がついた場合、その原因についてあれこれ考えるよりも、まずはED治療薬を用いることが最優先であり、効果的です。また、「セックスし続ける」ということも、EDの予防に効果的です。

前述のとおり高齢になるとセックスレスになる人が多いのですが、セックスし続けることは、「セックスの現役」であり続けるにあたって極めて有効な手段なのです。そのためにも、十分な勃起を確保するためにバイアグラ等が必要になります。

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬は?

ジェネリック薬を専門に開発製造するインドのメーカー製のジェネリックED治療薬を個人輸入で安価に購入できます。オリジナルED治療薬バイアグラ、レビトラ、シアリスと同成分のジェネリックのため、価格は数分の一の低価格ですが、勃起力を高める効果は先発薬と同等とされます。

バイアグラジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもバイアグラ100mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのバイアグラジェネリックはこちら>>

レビトラのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもレビトラ20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。何れもレビトラの4錠に対して10錠入りでコストパフォーマンスにも優れます。

全てのレビトラジェネリックはこちら>>

シアリスのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもシアリス20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのシアリスジェネリックはこちら>>