今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|ED治療薬に「依存性」はありません

ED治療薬の効果の高さに対する心配

ED治療薬としては、「バイアグラ」等の医薬品の存在が知名度が高いですが、それだけ高い効果に対して心配をする人も少なくありません。医薬品の高い効果に対して、その「依存性」を心配する人が少なくありません。ED治療薬に対しても、その依存性を疑っている人は少なくないのです。

依存性と聞くと、「たばこ」や「お酒」「麻薬」といった人体に悪影響を及ぼす物品をイメージする人が多いです。薬に対して、その依存性や危険性を警戒することは、リスク管理として間違っているとは言えません。しかしながら、ED治療薬においてはどうなのでしょうか?

薬に対する依存性の危険性

ED治療薬の話をする前に、「薬の依存性」について簡単に説明しておきましょう。医薬品の服用における依存性とは、「薬の服用の継続における効果の希薄」「薬を飲みたいという依存的渇望」「薬を飲まない、禁止したことによる禁断症状」が挙げられます。こうした依存性の認められた医薬品のことを、「習慣性医薬品」と呼びます。

一般的に「依存性」というと、アルコールやたばこのような依存性の強い物品に対する依存性や禁断症状を指しますが、医薬品においてはその継続使用に因る医薬品の服用効果の希薄性も含みます。どちらにしても、服用の継続によるマイナス効果があることは、医薬品において大きないマイナス効果となることでしょう。

ED治療薬における、継続に因る効果の希薄性

薬の効果として、継続における効果の希薄性が疑われる事があります。では、ED治療薬においてはそうした継続を原因とした効果の希薄性は認められるのでしょうか?ED治療薬においては、そうした結果は見込まれていません。

むしろ飲み続けることにより、血管内皮からの一酸化窒素の供給能力が向上することにより、血管拡張作用に基づく勃起作用が向上することが期待できます。実はペニスというものは、定期的に勃起させることがその機能の維持に必要なのです。

ED治療薬に依存性はあるのか?

ではもう一つ、ED(勃起不全)を継続的に改善するためにED治療薬を飲み続けることに因る依存性、つまり「飲み続けることに因る服用に対する渇望」は認められるのでしょうか?一般的には「アルコール」や「中毒性物質」に対する症状として知られているのですが、ED治療薬も長期間にわたって服用の必要がある薬のため、そうした症状に対する危機感は考えられます。

では、ED治療薬の場合はどうかといえば、そうしたリスクは全く無いと言えます。依存性が極めて少なく、また同時に服用をやめた際の離脱症状(服用中止後に現れる禁断症状のようなもの)も認められていません。

確かに抗うつ剤や血圧降下剤のように、服用を中止すると体に対して悪影響を及ぼす薬も存在します(大抵は医師の診断を無視して患者が勝手に服用を中止するのですが)が、ED治療薬の場合は急に服用を中止したとしても禁断症状等のリスクは発生しません。

そうした点を顧みれば、ED治療薬はかなりハードルの低い薬だと言えます。つまり、ED治療のために処方される薬は、その服用をためらう必要がほとんど無い医薬品だと言えるのです。「薬」というだけでアレルギーのように反応する人も少なくないのですが、ED治療のためにはそうしたリスクを気にかけることなく利用して欲しいのです。

個人輸入で購入できるジェネリックED治療薬とは?

バイアグラ、レビトラ、シアリスなど3大ED治療薬にはインド製の実績のあるジェネリックED治療薬があります。病院やクリニックでは処方されませんが、個人輸入の通販での購入は認めらておりますのでED薬の節約にはメリットの高い後発薬です。

全てのバイアグラジェネリックはこちら>>

レビトラのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもレビトラ20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。何れもレビトラの4錠に対して10錠入りでコストパフォーマンスにも優れます。

全てのレビトラジェネリックはこちら>>

シアリスのジェネリックには以下のインド製ジェネリックが個人輸入できます。何れもシアリス20mgのジェネリックのため、半分や1/4錠にして服用しても十分な勃起効果が得られますので、更なる節約が可能です。

全てのシアリスジェネリックはこちら>>