今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(ED・勃起不全)|高齢男性でもEDを克服してセックスを楽しめる時代に

バイアグラの登場によるセックス年齢の引き上げ

20世紀末に登場した「バイアグラ」は、男性機能や性行為における歴史において画期的な出来事として記憶されています。バイアグラを始めとして現代においてはジェネリック医薬品も登場しているEDを治療薬は、EDの兆候が見られ始める30代や40代といった比較的若い世代だけでなく一般的に高齢者と呼ばれる70代以降の世代においても性の悩みを解決してくれす手段として脚光を浴びています。

バイアグラが登場する以前においては、年齢に伴うペニスの硬さへの悩みはもっぱら「精力」に問題があると考えられていました。確かに年齢にともなって男性ホルモンが減少しますので、精力減退を引き起こしていても不思議ではありません。しかし、バイアグラの存在が物語っているように、ペニスの勃起に因る硬さとは、精力とは関係のない話だったのです。

現在、低価格なジェネリックED治療薬が販売されています。

ペニスの若さは「血管の若さ」

バイアグラ等のED治療薬は、医学的に見ると「PDE5阻害薬」という医薬品です。これはペニスの海綿体への血液流入を促す効能があります。つまり、勃起の硬さを決めるのは精力ではなく、「血管の若さ」にあったのです。脳から勃起についての指令が発せられる際、ペニスの海綿体の血管内皮から放出される一酸化窒素によって血管の平滑筋が弛緩し、血流が増えることが勃起のメカニズムであるとされています。

この「血管内皮の機能」が、言い換えれば「血管の柔軟性」「血管の若さ」を表しています。この血管の柔軟性を損なう原因は、「動脈硬化」によるものが多いです。高齢男性が持つペニスへの悩みにおける「ペニスの硬さが足りない」という点は、血管の若さが極めて大きな要因となっていたのです。

ED治療薬の血管への効能の大きさ

ED治療薬は、言い方を変えれば「血管の若さを一時的に取り戻すための薬」です。近年、ED治療薬を動脈硬化の治療に転用するという動きもあるほどです。ED治療薬によって血管の若さを保つことは、EDの治療だけでなく、動脈硬化やそれに伴う疾患、諸症状の予防にも繋がるのです。

実際、EDを発症した数年後に脳梗塞や心筋梗塞といった動脈硬化を原因とする疾患を患ったというケースは少なくありません。ED治療薬によって高齢になってもセックスが現役だという男性は、そうした動脈硬化に伴う疾患、つまり「命に関わる疾患」のリスクが少なくなるということになります。

朝立ちとEDの関係

皆さんは「朝立ち」という生理現象をご存知でしょうか。いわゆる「起床時の勃起」のことで、人によっては睡眠中に膀胱に溜まった尿が原因だと勘違いしているのですが、実はこれは睡眠中に脳が勝手に行っている「試験運用」のようなものなのです。性的興奮とは無関係なのですが、朝立ちの有無はつまり勃起の機能面での問題の有無を知らせていることになるのです。

年齢とともに朝立ちの回数が少なくなっていると感じている人も多いでしょう。実はそれこそがEDの兆候の一つなのです。高齢者にかぎらず、若い世代であっても朝立ちを自覚できなくなってしまうとEDを患っている可能性があります。もし、その原因が動脈硬化であるとしたら、早い段階からED治療薬で改善することも必要になるのです。