今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(男性更年期)|テストステロンの効果と分泌について

テストステロンの持つ5つの効果

男性ホルモン「テストステロン」は、主に5つの効果を持つとされています。まずは「男性機能の維持」です。性欲を呼び起こし、勃起能力に関係します。

次に「筋肉と骨格の強化」です。男性らしいガッシリとした体格を形成するために、筋肉や骨の成長に関係します。男性が女性に比べて筋肉質になりやすいのはそのためです。

3つ目に「血管機能の維持」です。血管内皮からの「一酸化窒素」の産出を促し、動脈硬化の予防に効果的です。

4つ目に「精神的なバイタリティの向上」です。要するに向上心や競争心、独占欲といった感情を高め、その結果として積極的な生き方を促す効果があります。

最後に「幸福感を増す」ことです。脳内ホルモンである「ドーパミン」を増やす働きによって、生活に対して大きな幸福感を得られるようになります。

分野によってはマイナスなイメージを多く持つテストステロンですが、このように男性の体や精神に大きくプラスの作用をもたらすことが分かるかと思います。

テストステロンの分泌について

そんなテストステロンですが、年齢とともにその分泌量は大きく減少します。しかし、年齢に因る差も大きいのですが、同世代でもテストステロンの分泌量は大きく異なることをご存知でしょうか。

テストステロンの分泌には「セックス」が大きく関わってきます。いささか「下」な話ではありますが、真面目に話せる内容なのでご安心下さい。テストステロンは性欲に関係する存在でありながら、その性欲の結果であるセックスによってその分泌が活性化させるという側面も持ち合わせているのです。

実際、年齢とともにセックスの機会も減少しますから、納得出来ない話ではありません。同時に、EDの発症も年齢とともに増加しますので、根拠としては納得できるものです。

因果関係に双方向性が見られるテストステロンは、固有の幸福感や性欲といった効果を高めると同時に、その結果によって分泌量が高まるという側面があります。

ということは、極端な言い方をすればテストステロンの分泌量は二極化されるということです。多い人はとにかく多くなり、少ない人は更に少なくなるリスクを高めてしまいます。テストステロンの分泌量が減少すれば、EDやうつ病、自律神経失調症といった疾患の原因となる可能性もあります。

テストステロンを増やすためには?

テストステロンの分泌量を増やす方法としては、医薬品を用いた方法があります。しかし、誰しもが医薬品に頼らなければ改善できないレベルであるとは言い切れません。

日常生活のちょっとした意識の変化で、容易にテストステロンの分泌量を増やすことが出来るかもしれないのです。例えば「スポーツ等で他人と競い合う」「仕事や趣味で目標を立てる」「十分な休息を取り、ストレスを溜めない」といったことで、双方向性を利用したテストステロンの分泌量増加の方法となるのです。

また、セックスを満喫するということも、テストステロンの分泌に大きく関わります。要するに「精神年齢を若く保つ」ことであり、肉体年齢とは関わらない部分において若くあることでテストステロンの分泌に大きく寄与するのです。