今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

くすり特集(前立腺肥大症・排尿障害)|若いころよりも排尿に時間がかかってませんか?

中年男性に見られる「小便の切れ」

若いころは、中年男性がトイレやそのほかの場所で「最近は、どうにも小便の切れが悪くなった」という話をしているのを耳にする機会も多いのではないでしょうか。若い世代には、この悩みの理解が難しいものです。

排尿は子供の頃から特にその勢いについて意識したことは少なく、特に変化等も感じたことはないでしょう。しかし、そんな人も数十年後、自分が中年男性になることには「ああ、こういうことだったのか」と痛感することになります。よく、トイレに長蛇の列を作ることがありますが、人数に適さない長蛇の列を作ってしまうことがあります。

これは、排尿にかかる時間が長い人が、いつまでもトイレから出てこれないことも要因の一つなのです。中年にもなると、尿の最初の出だしも、途中の尿の勢いも、最後の尿の切れも、とにかく悪くなるので、いつまでもトイレを明け渡すことができないのです。

小便の切れの悪さの原因は?

中年男性の排尿にかかる時間を伸ばしている、小便の切れの悪さの原因は「前立腺の肥大」です。前立腺とは、男性のみに存在する生殖器の一つで、大きさはクルミほどのサイズです。膀胱の真下、尿道を囲むような形で位置しています。

前立腺液を精子に混ぜ合わせて精液を作り出す等の働きを持っていますが、解明されていない部分も多い器官です。この前立腺は、年齢に伴って肥大化する傾向にあり、重症化すると「前立腺肥大」という病気に発展します。

前述のとおり、前立腺は尿道を取り囲むように位置しています。その前立腺が肥大化するということは、間に通っている尿道を圧迫するということになります。それだけ尿の通り道が狭くなるということになるので、排尿において尿の切れを悪くしてしまうのです。

前立腺肥大について

前立腺の肥大は、年齢に伴って徐々に進行していきます。具体的に何歳になったら発症するということは確定できないのですが、おおよそ50歳を過ぎるころにはその傾向がはっきりと表れるようになります。

前立腺肥大の詳しい原因についてははっきりとしていませんが、男性ホルモンの関与が強く疑われています。前立腺肥大は、排尿の時間が長くなることのほかにも「残尿感」「頻尿」「尿意切迫」といった症状を引き起こします。

前立腺肥大の症状は主に尿に関係する症状ばかりなのですが、尿に関連して「腎機能低下」を引き起こすこともあります。また、「ED」を伴うことも少なくありません。重症になると、完全に尿道を閉じるほどに圧迫してしまい、「尿閉」を引き起こしてしまいます。

排尿をスムーズに行うためには?

スムーズな排尿を妨げている前立腺肥大を解消する必要があります。前立腺肥大の治療においては、患者の状態に応じていくつかの治療法が選択されます。主に「薬物療法」が行われ、「ハルナール」等の医薬品が用いられます。

また、人によっては外科手術による治療を選択することがありますが、一部の患者は手術後にも症状が改善されないことがあります。また、前立腺肥大の症状を自覚しても、排尿障害等の生活における不便が無い場合には特に治療をしないこともあります。しかし、次第に症状を明確に自覚するようになると、何かしらの治療を受けることになります。

育毛薬が前立腺肥大症にも効く?

AGA治療薬(男性型脱毛症)の抜け毛抑制のお薬にアボダートと呼ばれる有名お薬があります。成分はデュタステリドでこのお薬は抜け毛抑制の効果の前に前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。

よって抜け毛に悩む男性で前立腺肥大症も患っている方はデュタステリド配合のアボダートが良いでしょうか。

シアリス成分は前立腺肥大症にも効く?

シアリスと言うと有名なED治療薬で勃起力の低下を改善する優れた人気薬です。成分はタダラフィルでこの成分がED治療以外に前立腺肥大症の治療薬の成分としても認めらています。

ザルティアというお薬はタダラフィルが低容量配合されている前立腺肥大症のお薬のため、勃起力の低下、いわゆるEDを改善するためにシアリスやジェネリック薬のタダリスやタダシップなどを服用するとおしっこの悩みの改善効果も期待できます。