今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

バリフ成分は糖尿病男性のEDにも有効

バリフ成分は糖尿病男性のEDにも有効

糖尿病とEDは血管に深い関係があるので、この2つの疾患同士も深い関わり合いがある疾患といわれています。

また、糖尿病を罹患している人の2~3人の1人はEDである事を自覚しているといわれ、糖尿病患者は普通の人よりも約3倍EDになる可能性が高くなります。

通常、勃起状態になるには、脳が性的興奮を受けて、海綿体平滑筋が弛緩して陰茎への血流を増加して勃起します。

勃起状態になるには、性的興奮を感じた脳が陰茎に性的興奮をしたことを伝える事によって勃起状態になりますが、糖尿病になると神経回路に障害が生じやすくなり、勃起状態になりにくくなり、EDの原因となります。

糖尿病になると、海綿体の動脈などの細胞において一酸化窒素を合成する酵素であるeNOSという酵素の活性が低下し、弛緩が起こりにくくなり、海綿体が弛緩しないと陰茎へ血流を増加する事が出来ないことから勃起状態になりにくくなります。

また、糖尿病の典型的な症状の1つである動脈硬化は勃起状態にする際の大きな障害となります。

勃起状態になる為には、陰茎への血流を増加させる必要があるので、動脈硬化によって血流が悪くなると勃起をしにくい状況になります、

糖尿病は生活習慣病の1つといわれる疾患で、インスリン作用の不足による慢性の高い血糖状態になる代謝性疾患です。

糖尿病になると、血液中の当分濃度が高くなりすぎる状態が続きますが、自覚症状は発現しにくいといわれます。

重症化すると、失明や腎臓機能障害などの合併症を引き起こします。

糖尿病には1型と2型の2つがあり、1型の場合は一生涯インスリン治療が必要となり、2型の場合は過食や肥満、運動不足などの生活環境の乱れを改善する事で血糖値を減少させます。

糖尿病が原因のEDに対してもEDの治療薬によって改善に有効性が認められています。

ですが、人工透析を受けている人はレビトラやレビトラのジェネリック医薬品であるバリフを使用する事はできないのでバリフを使用しないようにしましょう。