今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

バリフの食事とお酒の影響

バリフの食事の影響

EDの治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品であるバリフは、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラとは違って食事の影響を受けにくいとされているので、食後に服用しても効果に変わりはありません。

これは、レビトラやバリフの有効成分であるバルデナフィルは、水に溶けやすく、食事の影響を受けにくいとされるためです。

ただし、700cal以上の食事で脂肪の割合が30%以上の食事の場合や食べすぎは、効果が減弱したり、効果が発現しない可能性があります。

なので、バリフを食後に服用する時は、700cal以上の食事ではなく、700calくらいの軽食に食事をセーブするようにする必要があります。

バリフの効果を最大限発現させるためには、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラと同様に空腹時に服用するのがベストといわれています。

一般的に食事をすると、胃に油膜ができます。

油膜ができると、バリフの有効成分を体内の吸収が邪魔されるので効果に影響が出る場合があります。

バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラの有効成分であるシルデナフィルはこの油膜を通過できない為にバイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラを服用する際には食事をする前に服用しなければいけません。

ただ、バリフは即効性に優れているので、服用後30分、遅くても1時間経てば食事をしても有効成分が十分体内に吸収されるので効果に影響はありません。

バリフの効果の持続時間は6~10時間なので、服用のタイミングを気にする必要はありません。

また、油膜は時間の経過でなくなりますが、中華料理や焼き肉などの油分が多い食事の場合は、油膜が長時間存在するので1時間開けてからバリフを服用しても効果が減弱や効果が発現しない可能性があります。

なので、バリフを服用する場合には中華料理や焼き肉などの油分が多い食事はしないようにするか、食事をする前に服用するようにします。

バリフとお酒の併用

一般の医薬品は、ジェネリック医薬品を含めてアルコールと一緒に服用すると効果が減弱したり、効果が発現しなかったりします。

これは、EDの治療薬として有名なバイアグラでも同様です。

なので、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラを服用する際には飲酒をしないようにといわれます。

ただ、レビトラやレビトラのジェネリック医薬品であるバリフはバイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラとは違ってアルコールの影響を受けにくいとされるので、アルコールを摂取する際でも服用する事ができます。

なので、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラよりも服用しやすいEDの治療薬といえます。

また、アルコールは適量であれば、リラックス効果があり、性交をする上でもEDの改善からも有効だといわれます。

もちろん、適量以上、酩酊状態になるまで深酒をすれば逆効果になります。

アルコールは適量以上を摂取すると、神経が鈍り、性的興奮を感じても勃起しにくくなります。

無理やり勃起状態にして性交をすると、脳や心臓に負担が余計にかかるので危険とされるので、酩酊状態になるまでアルコールを摂取した場合は性交はしないようにします。

性交をする時のアルコールの適量はほろ酔い程度とされ、ほろ酔い程度はビール大瓶1~2本、日本酒1~2合程度といわれます。

これ以上のアルコールを摂取する事はEDの改善という点からは悪影響しかないので、バリフを服用する際にはほろ酔い程度にアルコールをセーブするようにするか、アルコールを摂取しないようにします。

アルコールを摂取すると、血管を拡張して血行が良くなるという作用がありますが、この作用はバリフの効果である血管を拡張して陰茎の血流を増加させて勃起状態を促進する作用と同じです。

そのためにバリフを服用してアルコールを摂取すると、普段、アルコールを摂取する時よりもより早く酔いが回るので、アルコールに弱い人はアルコールとバリフを一緒に服用する事は避けた方が無難です。