今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

バリフの副作用

バリフの成分

EDの治療薬レビトラのジェネリック医薬品であるバリフは、副作用が少ないといわれていてバイアグラやカマグラと比べて安全性が高いといえます。

バリフは医薬品である以上は、副作用が100%なくなるという事はありませんが、服用すれば100%副作用が出るわけではありません。

体質によって副作用の強さや出るかどうかは変わってくるので初めてバリフを服用する際には1/4錠や半錠から試して効果や副作用の強さを確認してから使用するようにします。

バリフを服用すると、血管が拡張して血流がよくなるので陰茎への血流が増加する事によって勃起状態を促進しますが、陰茎への血流だけ増加するわけではなく、全身の血管が拡張して血流が増加するために副作用は血管に起因する症状が多いのはこの血管拡張作用が関係しています。

バリフの副作用は頭痛や顔の火照りが最も多く、副作用は風邪をひいた時の症状によく似ています。

その他にも視覚異常、興奮、不眠、下痢などが報告されています。

副作用はバリフの効果が切れれば、副作用も自然と消失する一時的な症状です。

バリフは1日1回1錠が限度とされていますので、1錠服用した後に効果が発現しなくても2条以上は服用しないようにします。

強い副作用が出る可能性があり、危険です。

また、気分が悪くなった時は重篤な副作用が発現する前兆の場合があるので、気分が悪くなった時は医師に相談して次からの服用を考えるようにします。

バリフの副作用の中には視覚異常があり、発現する可能性が0ではないので車の運転をする場合には十分注意する必要があります。

副作用が強く出る場合には、服用量を減らしたり、より副作用が発現しにくいといわれるシアリスやシアリスのジェネリック医薬品であるタダリスメガリスを利用したりするようにします。

バリフには10㎎と20㎎と種類があり、効果や副作用に関しては変わりはなく、効果の持続時間が少し変わるだけなので、20㎎で副作用が強い場合には10㎎に変更するとよくなる可能性はあります。