今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

バリフとは

バリフとは?

バリフとは、EDの治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。

一般的にジェネリック医薬品は、特許期間が過ぎた医薬品を別の製薬会社が同じ製造方法と同じ成分で違う商品名で安価に販売される医薬品です。

ですが、バリフを製造販売している製薬会社があるインドでは日本と法律が違うために、特許期間中でもジェネリック医薬品の製造販売ができます。

レビトラはバイアグラの欠点を補うために開発されて、2004年に日本で販売が開始されたEDの治療薬で比較的新しい医薬品です。

効果の持続時間は、同じバイアグラよりも長い6~10時間持続するのでバイアグラよりも使いやすいEDの治療薬です。

レビトラは、ドイツに本社があるバイエル薬品が研究開発したEDの治療薬で、日本を含めたどこの医療機関でも保険の対象外で購入する際には実費になります。

バイアグラやシアリスと比べても最も即効性が高いEDの治療薬なので、すぐに効果が発現したい人に向いているEDの治療薬です。

服用してから効果が発現し始めるまでの時間は、最短で15分、遅くても1時間未満で効果が発現し始めます。

また、700cal以下の食事やアルコールの影響を受けにくいとされ、服用しやすいEDの治療薬です。

バリフを服用すると、血管が拡張して血流がよくなり、陰茎への血流が増加し、勃起状態へと導きます。また、勃起状態を萎えさせる働きをするPDE5という酵素を阻害する事で勃起を促進します。

ただし、バイアグラやシアリスと同様に催淫効果はないので勃起をするには性的興奮が必要となります。

バリフは、インドに本社があるアジャンタファーマ社が製造販売しています。30歳代以上に愛用者が多いEDの治療薬で、有効成分はバルデナフィル20㎎です。

バリフの価格は、レビトラの1~2割程度とかなり安いのでレビトラよりも購入しやすい価格ですが、日本では販売されていないので病院で処方してもらったり、薬局で購入したりできないので購入する際には個人輸入という方法しか購入方法はありません。

有効成分であるバルデナフィルは、水に溶けやすいという特性を持つ成分でこの特性のために3大ED治療薬の中で最も即効性に優れています。

また、バルデナフィルは食事やアルコールの影響を受けにくいとされているのでバイアグラとは違って服用するタイミングを気にする必要はありません。

そのために、バリフはEDの治療薬初心者に向いているといわれています。

効果の持続時間もシアリスやシアリスのジェネリック医薬品であるタダリスやメガリスのように1日以上は持続しませんが、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラよりも長い6~10時間ほど効果が持続します。

バリフとレビトラの違い

バリフは、EDの治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品なので、有効成分から効果や副作用、効果の持続時間まで同じです。

ジェネリック医薬品は、特許期間が切れた医薬品を開発製造した製薬会社とは違う製薬会社が同じ成分や同じ製造方法で違う商品名で製造販売される医薬品です。

もともとある医薬品なので、販売価格が低く、安全性が担保されているといえます。

また、バリフを製造販売しているアジャンタファーマ社があるインドでは日本などとは特許に関する法律が違うために特許期間が切れていない医薬品でもジェネリック医薬品が製造販売されています。

そのために、日本では認可を受けていないジェネリック医薬品です。

レビトラとバリフの有効成分はバルデナフィルですが、レビトラにはバルデナフィルの含有量は10㎎と20㎎がありますが、バリフのバルデナフィルの含有量は20㎎しかありません。

10㎎でも20㎎でも効果に違いはなく、10㎎の方がやや効果時間が短く、副作用が弱いといわれます。

バルデナフィルは水に溶けやすいという特性がある事から即効性に優れ、バイアグラやシアリスと比較しても最も即効性に優れるEDの治療薬です。

レビトラとバリフの最大の違いは購入値段です。

レビトラが1錠で2000円ほどかかるのに対して、バリフは1錠250円ほどなので購入者からするとバリフはありがたいですし、使用しやすいといえます。

レビトラはドイツに本社があるバイエル薬品が製造販売していて、厚生労働省で認可を受けているEDの治療薬なので、病院で処方されたり、薬局でも購入する事ができますが、バリフは認可を受けていないので病院で処方されたり、薬局で購入する事ができず、個人で輸入するしか方法がありません。

個人輸入しか方法がないので、偽物も流通しているので購入する際には注意をする必要があります。

また、レビトラを製造販売しているバイエル薬品は、日本を含めた各国の医療機関での保険対象外なので、購入する際は自費購入しかありません。

バリフの製造会社

EDの治療薬のレビトラのジェネリック医薬品であるバリフは、アジャンタファーマ社が製造販売しているジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、医薬品にある特許期間が過ぎた医薬品を別の商品名で製造販売される医薬品です。

ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ成分で製造されるので効果や副作用が発現します。

また、アジャンタファーマ社が本社をおくインドでは特許に関する法律が日本とは違うために、特許期間が切れていない医薬品でもジェネリック医薬品が製造販売されています。

アジャンタファーマ社は、インドのムンバイに本社をおくジェネリック医薬品を手掛ける製薬会社です。

1973年に設立され、2000年にはインドの株式市場に上場を果たした製薬会社です。技術開発のイノベーションを通じて、世界に必要とされる医療技術を提供する事を理念とした製薬会社です。

アジャンタファーマ社は抗マラリア、心臓病、皮膚、食道、筋骨格、眼、呼吸器官などのジェネリック医薬品の製造販売をしています。

また、3大ED治療薬といわれるバイアグラ・レビトラ・シアリスのジェネリック医薬品を製造販売している世界で唯一の製薬会社としても知られます。

アジャンタファーマ社が製造したジェネリック医薬品は世界40か国で販売されていますが、日本では認可されていませんので病院で処方してもらったり、薬局などで購入したりしてする事はできないために個人輸入しか購入方法はありません。

また、バリフは人気があるEDの治療薬なので、残念ながら偽物も流通しています。

偽物の中には効果が発現しないばかりか、健康被害を引き起こすものまであるので、個人輸入して購入する場合には偽物を掴まされないように注意をする必要があります。

アジャンタファーマ社は、WHOが定める適正製造基準の認定を受けた4つの製造拠点を保有し、米国食品医薬品局、英国医薬品ヘルスケア製品規制庁、WHOの事前資格審査、ユニセフなどの保健機関によって承認されています。