今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

ジェネリック薬とは?

ジェネリック医薬品について

病院でお薬を処方される際に最近ではジェネリックを選択する人も増えましたね。ジェネリックと言えばオリジナルのお薬(新薬)と同じ成分が使われた後発薬を指します。

ジェネリックはオリジナル薬よりも値段が安いため、病院での処方にジェネリックがさらに普及するとお薬代が節約されて、国の医療コストも下がります。

個人輸入でお薬を通販する際にもオリジナル薬以外にジェネリック薬を購入される方が増えましたが、特に個人輸入ではインドの製薬会社が開発製造するジェネリックED治療薬や、育毛薬のジェネリックなどが非常に人気があります。

ED治療薬に絞って申しますと、ジェネリックED治療薬の大部分はジェネリック大国インドの製薬メーカーが製造するお薬です。カマグラゴールドタダシップバリフと言ったお薬名をご存じの方も多いでしょう。

個人輸入でED治療薬のジェネリックを購入する男性が右肩上がりで伸びている理由は価格の安さです。バイアグラであればシルデナフィル配合のお薬、レビトラであればバルデナフィル配合のお薬、シアリスであればタダラフィル配合のジェネリック薬になります。

何れも成分が全く同じで、製造プロセスがオリジナル薬と異なる以外は、お薬の効果や副作用、特徴や効き目の時間などはほぼ同等と言えます。しかし、ジェネリックED治療薬は本家本元と比べて値段が格段に安く、個人輸入でも人気の理由がそこにあります。

インド製ジェネリック薬について

日本の病院でお薬を処方する際にジェネリックを選ぶことは増えたとはいえ、それらは日本の製薬会社が製造するジェネリック薬で、海外の製薬メーカーのお薬ではありません。

個人輸入で通販できるジェネリックED治療薬や育毛薬などはほぼ100%がインドの製薬メーカーのお薬です。恐らく個人輸入で初めてインド製のジェネリックを知るきっかけになる男性も多いでしょう。

実は世界で流通するジェネリック薬のほとんどがインドの製薬メーカーが専門的に製造しているのです。人口が多いインドならではのお薬の大量生産のお蔭で薬の値段も非常に安価に提供され、世界中に輸出されるお薬です。

インド製のジェネリックED治療薬ではカマグラゴールドタダシップバリフ、早漏治療薬プリリジーのジェネリックであるポゼットエバーラスト、ED治療と早漏治療を同時に行うスーパーPフォースタダポックススーパージェビトラなど個人輸入で人気の男性用薬は全てインドが誇る大手製薬会社のジェネリック薬です。

インド製ジェネリックは個人輸入で

EDクリニックでバイアグラレビトラシアリスをはじめて購入する男性は多く、効果は高いが値段が高いため継続するには気が引ける、または使用したいが効果があった場合経済的に重すぎると感じるのが自然ですね。

では、ジェネリックED治療薬カマグラゴールド、タダシップ、レビトラやAGA治療薬プロペシアのジェネリック薬フィンペシアなどはどうやって購入できるのでしょうか。

お薬の個人輸入が個人の使用に限り、既定の量であれば通販で処方箋無しで購入できることをご存じの方は多いでしょう。ジェネリックED治療薬やジェネリッAGA治療薬も当然ながら個人輸入で購入できます。

病院でカマグラゴールドやフィンペシアの処方をお願いしても残念ながら処方されません。理由はそれらのオリジナル薬が日本でまだ特許が切れてないからです。

特許が切れたバイアグラが日本の医薬品会社からジェネリック薬として発売され始めたのが2014年ですが、ユーザーの期待とは裏腹に、薬価が先発薬バイアグラとほとんど変わらないという期待外れの結果になり、落胆した男性は多かったでしょう。

しかしバイアグラジェネリックのカマグラゴールドなどは数年前から個人輸入で通販ができますし、値段も1錠あたり200円以下とバイアグラの1/10程で購入できるのです。

また、日本ではバイアグラは50㎎の成分配合薬までしか処方されませんが、ジェネリックバイアグラのカマグラゴールドは成分シルデナフィルが100㎎配合されており、半分に割って服用できるため、実は1回の服用当たり100円ほどまで節約でき、バイアグラの1/20という圧倒的な経済的な有利性を誇るジェネリックです。

ED治療薬バイアグラ、シアリス、レビトラのジェネリック薬はこちら>>

ジェネリックED治療薬について

まずED治療薬について説明しますが、男性の勃起不全を改善するお薬で、大きく分けてバイアグラ(シルデナフィルクエン酸)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(他アダフィル)の3つのED治療薬の種類があります。

勃起不全(ED)とは勃起力の低下により満足行く性行為が行えない場合は全てEDに分類し、この症状は10代から80代の男性など性欲がある男性全てに起こり得ます。

10代、20代、30代前半などの若年性EDでは原因はほぼすべて心因性EDと呼ばれる、精神面が勃起に影響した結果のEDです。日々の積み重なるストレスや、童貞EDと呼ばれる経験不足による不安感による勃起不全、うつ病や不安障害などが原因のED、過去にセックスで勃起できずにトラウマを引きずって勃起ができないEDもあります。

全ての心因性EDにバイアグラなどのED治療薬は高い効果を示しますので、若い男性なら少な目の服用でも非常に硬い勃起につながります。バイアグラやレビトラ、シアリスをEDクリニックで購入すると高価なため、ジェネリックED治療薬のカマグラなどが高いメリットを発揮するのです。

30代の半ばあたりからは心因性のEDと共に血管の老化が起こす器質性EDが始まります。日々の過労や生活習慣、暴飲暴食などで体型が変わると同時に、血管の健康も低下して勃起力を落とします。

ペニスは毛細血管が非常に多いため血流が落ちるとすぐに勃起力低下として現れるのです。勃起しても昔ほど硬くならないというのは皆が経験する初期EDで、セックスの満足度を下げる要因です。

多くの男性が持つ誤解は、ED治療薬やジェネリック薬は、勃起できなくなってから服用するものだとい考えることです。そうではなく、セックスが100%満足できないと感じた場合は少量のED治療薬で勃起力や持続力、射精後の複数回のセックスなど持続力を改善することができるのです。

ジェネリックED治療薬は非常に安価なため、セックスで定期的に服用するだけでなく、勃起習慣が低い男性の定期的なマスターベーション時の勃起力維持にも使用できます。

ED治療薬バイアグラ、シアリス、レビトラのジェネリック薬はこちら>>