今すぐ無料登録 はじめてのお客様へ簡単な無料ご登録で割引に使える500円クーポンをプレゼント!
カテゴリから探す

バリフの服用法

バリフ成分は糖尿病男性のEDにも有効

EDの治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品であるバリフは、1日1回1錠を限度として服用するようにします。

1日1回1錠以上を服用すると、効果が発現しすぎたり、強い副作用が出たりする可能性があるので1日1回1錠を守るようにします。

また、1度服用してから次に服用する際には最低でも24時間は空けてから服用するようにします。

バリフの有効成分であるバルデナフィルは、食事やアルコールの影響を受けにくいとされていますが、700cal以上の食事や適量以上の飲酒をすると効果が減弱する可能性もあるので注意しましょう。

食事やアルコールを口にする際には適量の範囲内でセーブするようにします、また、適量の範囲内であれば食事やアルコールを口にしてから服用しても交換問題はありません。

また、中華料理や焼き肉などの油分が多い食事は効果が発現しにくいとされるので、服用する前にこれらの食事を食べるのは避けるようにします。

更に、バリフの効果が持続する時間が6~10時間あるので、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラを服用する時に用に服用するタイミングを気にする必要はありません。

また、空腹時や食後1時間後に服用した方がより急速に効果が発現します。

バリフは、カマグラタダリスと比較すると効果が発現する時間が短く、最短で15~30分ほどで効果が発現し、遅くても1時間で効果が発現するので服用するのは性交の1時間前に服用します。

バリフの有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすい特性があり、有効成分であるバルデナフィルが体に早く吸収されるので、効果がほかのEDの治療薬よりも早く発現します。

バリフを服用する際には、他の医薬品と同様に水若しくは白湯で服用するようにします。

水若しくは白湯以外でバリフを服用すると、効果が減弱したり、副作用が発現したりすることがあります。

特に、グレープフルーツジュースを服用してから服用すると効果が出にくいとされているのでグレープフルーツジュースだけでは服用しないように注意しましょう。

バリフの服用の注意点

EDの治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品であるバリフを服用する際には、1日1回1錠を限度とします。

1日1回1錠以上服用すると、強い副作用が出る可能性があります。また、1錠以上服用しても効果に変わりはありません。

1度バリフを服用してから次に服用するまでは最低でも24時間は空けてからバリフを服用するようにします。

バリフは食事やアルコールの影響を受けにくいとされているので、食後や飲酒後でも適量であれば問題なく服用する事ができます。

ただ、700cal以上の食事やほろ酔い以上の飲酒は効果が減弱する可能性があります。

また、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラと同様に空腹時に服用した方がより効果が発現しやすいといわれています。

バリフは、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラよりも副作用が少ないといわれますが、100%副作用が発現しないわけではなく、顔の火照りや頭痛、胸焼けなどの副作用が起こる可能性はあります。

ただし、顔の火照りなどの副作用はバリフの効果が切れると自然に消失するのであまり気にする必要はありません。

もし、副作用が気になる方や副作用が強いと感じる方はバリフの服用する量を半錠や1/4錠に減らして服用するようにしたり、バリフよりも副作用が少ないといわれるシアリスやシアリスのジェネリック医薬品であるタダリスメガリスに切り替えたりするようにします。

脳卒中や心臓病などの罹患している場合は過度の血圧の変化を回避するために性交が禁止されていることがあるので、脳卒中や心臓病などを罹患している人はバリフを使用する事はできません。

また、硝酸剤を使用中、血液透析中の人、6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血を発症した人、血圧が最大90以下若しくは最大170以上は使用しないようにします。

バリフは併用禁忌薬が多いとされ、主な併用禁忌薬としてはアイスラール錠、アイトロール錠、アイロクール錠、アパティアテープ、アンタップ、イソコロナールRカプセル、イソニトール錠、ニトロールRカプセル、シリンジ、ニトルビン錠、亜鉛アミルがあります。

これらの併用禁忌薬を服用している場合には、バリフを服用するのは避けるようにします。